手作りのしめ飾りで新年を迎える

手作りのしめ飾りで新年を迎える

 正月のしめ飾り作りは年神様をお迎えする準備。日本の伝統を引き継いでいきたいと昨年12月、市津公民館で『正月飾り・玄関輪飾り』作りが行われた。18名の参加者は手足と身体を大きく使って藁をよじり、自分だけの輪飾りを作り上げた。古来より稲の生産が盛んな我が国では藁は大切な副産物だった。本講座では市津地区在住の小林喬さん、講師の川島正作さんと川島敏弘さんが手間をかけて下準備したものを材料として使用。丈が長く育てるのが難しい古代米の茎を青いうちに刈り取って乾燥させ、曲げやすいように専用の道具と霧吹きを使って軟らかくするのだという。
 作り方を紹介する。3つの藁束を用意し根元でひとつに束ねる。根元を手前に置き1つを時計回りに縒っていく。2つ目も同じように縒り、2本を左回りにねじり合わせていく。残った1本も同様に縒り合わせる。3本を縒り合わせたら藁の根元が右後ろにくるように輪を作り紐で結ぶ。添え物として稲穂や藁束を輪の結び目の間に挟み込んで紐でくくる。結び目の両端と添えた藁束の上下端は好みの長さに切り揃える。マツ、ユズリハ、紅白の御幣とダイダイの代わりにユズをあしらって完成。ウラジロなどを使ってもよい。
 玄関に飾るのは12月28日か30日に。29日と31日は二重苦、一夜飾りといって縁起がよくないとされているので避ける。年明けは1月7日まで飾っておいてよい。ずっしりと存在感のある輪飾りを手に「玄関が華やぎます」と参加者は嬉しそうに話した。手作りのしめ飾りで正月を迎えるのも趣き深い。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る