埴輪生産の背景を考える

埴輪生産の背景を考える

 昨年12月、埋蔵文化財調査センターで講座『埴輪のひみつ』が開かれ、6世紀末の前方後円墳、山倉1号墳(西広)で出土した埴輪の生産体制についての研究成果が披露された。講師は学芸員の小橋健司さん。
 各埴輪には特徴がある。例えば原材料となる胎土の成分や円筒埴輪に施されているハケメ、人物埴輪の装着物の形状など。ハケメとは薄い板状の木でつけた筋状の擦痕のこと。これらを分析した結果、山倉1号墳の埴輪は埼玉県生出塚遺跡窯で焼成されたという説が有力に。また、各個体がほぼ同じ製作技法であるにも関わらず、円筒埴輪の口縁部の違いなどは作り手のクセによるもので、そのパターン数は最少でも13人の工人が存在していたことを示している。
 約80キロ離れた場所まで300弱の埴輪を運んだ手段は水上交通だったと考えられている。「生出塚で生産された埴輪が現市原市に運ばれたと推測されている同時期に、上総から石室用材として磯石が埼玉古墳群まで運ばれており、古墳築造プロジェクト同士の関係を読み解く鍵にもなるのではないか」と小橋さん。
 聴講者数は68名と超満員。熱心に耳を傾ける姿が見られ、講座終了後も多くの質問が飛び交っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る