埴輪生産の背景を考える

埴輪生産の背景を考える

 昨年12月、埋蔵文化財調査センターで講座『埴輪のひみつ』が開かれ、6世紀末の前方後円墳、山倉1号墳(西広)で出土した埴輪の生産体制についての研究成果が披露された。講師は学芸員の小橋健司さん。
 各埴輪には特徴がある。例えば原材料となる胎土の成分や円筒埴輪に施されているハケメ、人物埴輪の装着物の形状など。ハケメとは薄い板状の木でつけた筋状の擦痕のこと。これらを分析した結果、山倉1号墳の埴輪は埼玉県生出塚遺跡窯で焼成されたという説が有力に。また、各個体がほぼ同じ製作技法であるにも関わらず、円筒埴輪の口縁部の違いなどは作り手のクセによるもので、そのパターン数は最少でも13人の工人が存在していたことを示している。
 約80キロ離れた場所まで300弱の埴輪を運んだ手段は水上交通だったと考えられている。「生出塚で生産された埴輪が現市原市に運ばれたと推測されている同時期に、上総から石室用材として磯石が埼玉古墳群まで運ばれており、古墳築造プロジェクト同士の関係を読み解く鍵にもなるのではないか」と小橋さん。
 聴講者数は68名と超満員。熱心に耳を傾ける姿が見られ、講座終了後も多くの質問が飛び交っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る