埴輪生産の背景を考える

埴輪生産の背景を考える

 昨年12月、埋蔵文化財調査センターで講座『埴輪のひみつ』が開かれ、6世紀末の前方後円墳、山倉1号墳(西広)で出土した埴輪の生産体制についての研究成果が披露された。講師は学芸員の小橋健司さん。
 各埴輪には特徴がある。例えば原材料となる胎土の成分や円筒埴輪に施されているハケメ、人物埴輪の装着物の形状など。ハケメとは薄い板状の木でつけた筋状の擦痕のこと。これらを分析した結果、山倉1号墳の埴輪は埼玉県生出塚遺跡窯で焼成されたという説が有力に。また、各個体がほぼ同じ製作技法であるにも関わらず、円筒埴輪の口縁部の違いなどは作り手のクセによるもので、そのパターン数は最少でも13人の工人が存在していたことを示している。
 約80キロ離れた場所まで300弱の埴輪を運んだ手段は水上交通だったと考えられている。「生出塚で生産された埴輪が現市原市に運ばれたと推測されている同時期に、上総から石室用材として磯石が埼玉古墳群まで運ばれており、古墳築造プロジェクト同士の関係を読み解く鍵にもなるのではないか」と小橋さん。
 聴講者数は68名と超満員。熱心に耳を傾ける姿が見られ、講座終了後も多くの質問が飛び交っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る