上総国分寺の瓦

 市原市役所近くにある上総国分寺・国分尼寺跡。奈良時代に創建された時の瓦が蓮華文軒丸瓦と均整唐草文軒平瓦だということが「5年かけてやっと確信できるようになりました」と1月11日に埋蔵文化財調査センターで開かれた講座『ここまでわかった国分寺の瓦』で所長の田所真さんは話した。
 更に判明したのは、瓦に文様をつける型がそれぞれ一つしか存在しなかったということ。聴講者たちは瓦を観察し、繰り返し使われた型の傷が増えていった痕を確かめた。大量生産には複数の型を用いる方が効率的なはず。「これらの型はただの道具ではなく、特別な価値や意味があったと考えられます」と田所さん。
 他にも、造瓦に際して市周辺郡からの協力があったことや上総国主導のもと、統一的に生産されたことなどがわかっている。
 飢饉などで不安が高まった時代に、聖武天皇は人々の生活の安定を願って各地に国分寺建立の詔を出した。そして光明皇后は薬草を栽培するなど、人民のための救援施設としての役割を国分尼寺に持たせたようである。「疫病という目に見えない恐怖に襲われた光景は東日本大震災時に放射能で汚染された現代と重なる。当時の聖武天皇、光明皇后の思いに目を向けてほしい」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る