上総国分寺の瓦

 市原市役所近くにある上総国分寺・国分尼寺跡。奈良時代に創建された時の瓦が蓮華文軒丸瓦と均整唐草文軒平瓦だということが「5年かけてやっと確信できるようになりました」と1月11日に埋蔵文化財調査センターで開かれた講座『ここまでわかった国分寺の瓦』で所長の田所真さんは話した。
 更に判明したのは、瓦に文様をつける型がそれぞれ一つしか存在しなかったということ。聴講者たちは瓦を観察し、繰り返し使われた型の傷が増えていった痕を確かめた。大量生産には複数の型を用いる方が効率的なはず。「これらの型はただの道具ではなく、特別な価値や意味があったと考えられます」と田所さん。
 他にも、造瓦に際して市周辺郡からの協力があったことや上総国主導のもと、統一的に生産されたことなどがわかっている。
 飢饉などで不安が高まった時代に、聖武天皇は人々の生活の安定を願って各地に国分寺建立の詔を出した。そして光明皇后は薬草を栽培するなど、人民のための救援施設としての役割を国分尼寺に持たせたようである。「疫病という目に見えない恐怖に襲われた光景は東日本大震災時に放射能で汚染された現代と重なる。当時の聖武天皇、光明皇后の思いに目を向けてほしい」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る