市原ポニーベースボールクラブ

球児インタビュー vol.34

飯田雅人(キャッチャー)(写真右)
千葉市立生浜中学校1年

「兄がやっていたので小1から野球を始め、兄のいるポニーに入った。ポニーに入り体力がついた。自分は皆を引っ張れるようなキャッチャーだと思う。全体が見えるからアドバイスもしていきたい。目標は、このままAチームで、ずっと2番をとっていくこと。クリアすべきところは、チャンスで緊張して打てないことがあるので、打てるようにすること。部活は体力作りにバドミントンを。将来はプロになり皆に注目され憧れられる選手になりたい。好きなチームは、いい選手が大勢いる巨人。憧れの選手はいっぱい打つ阿部」      (談)

樋宮孝樹(サード)(写真左)
千葉市立新宿中学校1年

「体験に行き自分もやってみたいと、小1から野球を始めた。もっと上手くなりたくてポニーに入った。入って体力もパワーもアップしたと思う。自主トレはポニーのメニューの他、スポーツジムに通い、身体を柔らかくしケガを防ぐようにと負荷トレーニングをやっている。目標はAチームに上がり活躍すること。守備は苦手だけど打つのは得意なのでバッティングでアピールしたい。うちは妹も野球をやっていて、そのチームのコーチが父。好きなチームは巨人。選手は守備が上手くすごく打つ村田。将来はプロになりたい」     (談)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る