リスクコミュニケーション

化学の力で夢を形にする工場

 洗剤の容器、お菓子の袋、DVD、自動車のバンパーや内装品など身近なプラスチックの基礎原料をつくる工場を見学する催しが行われた。市原市の臨海部の工場における化学物質の管理や環境保全について、理解を深めてもらいたいと昨年11月に市原市環境部が企画した講座である。小学生5名を含む27名の参加者がバスで訪問したのは市原市千種海岸にある三井化学株式会社市原工場。はじめに本事務所という建物で映像を見て説明を聞いた。
 工場が生産しているのは主に原油を精製してできるナフサに熱や圧力を加えできるエチレンやプロピレンなどプラスチック製品の素材。そこからできる様々な用途の樹脂や化成品もつくる。ペレット状の素材はプラスチック加工工場などに運ばれ、成型したり、薄く延ばしたりすると私たちが普段手にする日用品などに生まれ変わる。地震に強いポリエチレン製ガス管、医療用点滴バッグ、ティーバッグの不織布になる製品もあるという。「化学物質とは水や塩などを含め、身の回りにあるもの全て。生活を便利で豊かにしてくれる一方、環境や人体への影響もある。調査研究をし、物質の危険性に注意しながら操業している」との話。自然環境を守るため工場排水は微生物の浄化作用によって無害化してから海に放流し、水質も定期的に調べている。「安全は全てに優先する」という方針のもとで災害や事故にも備え、消防車4台を持ち、専門の防災隊員を配置しているとのこと。津波や地震による災害対策も向上するように考えている。
 工場関係者の案内でバスに乗り中核区域へ向かうと、広大な敷地内にパイプやタンクが複雑につながった銀色のプラント33棟が姿を現した。プラントの多くは4階建てのビルほどの大きさ。蒸気が出ていたり、霜がついている装置もある。ユーモアあふれる解説を聞きながら海に面した場所に出ると富士山やスカイツリーが見えた。岸壁にうず高く積み上げられていたのは太いホースのようなオイルフェンス。隣接する石油精製会社から運ばれる原料のナフサなどが海に流れ出した場合に備えているそうだ。製造過程で出るガスの有害物質を除去した水蒸気を出す紅白の煙突もそびえ立っていた。
 見学後、小学校1年生の男の子から「石油がなくなったらどうするの」と素朴だが核心をつく質問があった。「使用済みプラスチックの再生も可能。石油に代る天然ガス、シェールガス、メタンハイドレートなどもある。さまざまな物質から化学の力でいろいろな製品にするのが私たちの仕事」との答え。地球の未来を守る研究開発もしている。父親と一緒に来た小学6年生の姉と3年生の弟は「環境のため工夫をしていた」、「想像とは違い緑がたくさんあり広かった」と驚いていた。60代の男性は「地震や公害対策を知ることができた」と少し安心した様子だった。市原市にある石油、化学、電力などの企業は千葉県と市とで国の法律以上に厳しい環境の保全に関する協定を結んでいる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る