いちはらARTDOOR開催!

新しいアウトドアプログラムを市原で楽しもう!

『いちはらアート×ミックス』開催期間中の3月23日(日)~4月20日(日)、毎週末に『いちはらARTDOOR』が開催される。テーマは「アート×アウトドア&フィットネス」。身体を動かすことを楽しみ、里山の風景とその土地・芸術に触れ、満ち足りた時間とともに元気になってほしい、という想いがこめられたスポーツイベントだ。
 用意された最新のプログラムは4つ。どれも初心者OK。豪華な講師陣や各インストラクターが指導、気軽に参加できる。参加費には『いちはらアート×ミックス』の作品鑑賞パスポート(交通パスポート込)付き(はじめてのトレイルランレースは除く)。春の里山で、新しいアウトドアスポーツを体験し、芸術や食のプロジェクトを楽しもう。

●かもの森トレイルランツアー
 森を駆ける楽しみや走り方のコツなど、トップアスリートが直接指導! 1日でも毎週参加でも
・3月23日~4月13日の毎(日) 全4回 雨天決行 9時~里見駅受付 ビギナーマスター編(午前約2時間)基礎知識やマナー、心構えなど/ランニングツアー編(午後約3時間)約10キロのトレイルを走りながら、トップアスリートのランニング技術を直に学ぶ
・1回35名 1回7000円、2回以上参加は5000円、18歳以下は各500円引

●はじめてのトレイルランレース
 ビギナー対象、ショートコースのレース
・4月19日(土) 雨天決行 8時~養老渓谷駅そば受付 10キロと15キロのコース
・各150名ずつ 10キロ3500円、15キロ4500円 かもの森トレイルツアー参加者および18歳以下は各500円引

●いちはら里山ロゲイニング
 フォト・ロゲイニングは、地図を頼りにポイントをまわり、配布した写真リストと同じ風景をデジカメで撮影、得点とスピードを競う
・4月13日(日) 雨天決行 8時~加茂支所受付 高滝~養老渓谷エリアを5時間内で 小湊鉄道、芸術祭周遊バスを利用可 目標場所は43個 
・チーム100組・ソロ100名 ソロ一般6000円、チーム一般1名5000円 高校生以上の学生1名4500円 小中学生1名2500円

●いちはらアウトドアゲームス
 5種目のアウトドアスポーツを本格体験 体力の限り挑んでも、のんびりマイペースで楽しむのもOK
・3月23日~4/20の毎(日) 全5回 9時~最終15時受付・旧里見小学校前 スタート前にブリーフィングあり ボルダリング、トレッキング、サイクリング、スラックライン、フィールドヨガを体験 残したプログラムは期間中いつでも参加可
・1日100名 前売一般5500円・大高5000円(当日各500円増)、中学生3000円、小学生2500円 

●申込み:HPにて
問合せ 運営委員会事務局(フィールズ・スポーツデスク内)
TEL 0475・47・3017

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る