広く伝えたい、焼き芋の魅力

 春のうららかな陽気の中、各地でいちはらアート×ミックスのイベントがスタートしている。自然との関わりと建物や道具の機能の中にある美しさを表現したいと、アーティストのチョウハシトオル(長橋徹)さんが旧月出小学校校庭に作り上げた作品兼調理場『火処』。屋根に使われている竹、窯の石と土、藁は地元の産物。屋根に貼られた無数のシートは、風が吹くたびに白い鳥が飛び立つようにはためき、大地の隆起である窯からは煙が空へと昇って行く。
 そんな自然とアートの融合の中、『やきいも学入門編』は行われている。同ワークショップではサツマイモと焼き芋について詳しく学んだあと安納芋、紅あずま、紅はるか、鳴門金時のサツマイモ4種類を実際に焼き、食べ比べをする。炭で約200度に熱した窯内の網で芋を焼く。10分おきに転がしながら遠赤外線でじっくり1時間。焼いている間に講義を進める。
 サツマイモは南米が原産地で、1600年頃に様々なルートから中国を通って日本に伝えられたといわれている。育てる手間がかからず、気象災害にも強い。カルシウム、ビタミンCなどの栄養も豊富に含む。「魅力いっぱいのサツマイモを窯で調理する日本古来の食文化を継承したい」と話すチョウハシさんは神奈川県大磯町で『やきいも日和』を営業。練炭の熱と壺からの遠赤外線でじっくりと焼く大正時代からの『つぼ焼き』による焼き芋を販売している。
 さて、焼き上がった4種類の芋。遠赤外線なので焦げることなく、どれも甘さが凝縮されて中はしっとりホックホク。皮までおいしい。埼玉県から参加した女性は「焼き芋がこんなに奥深いとは。私は鳴門金時が一番好きですね」と笑顔で話した。あなたもサツマイモにハマってみては?

問合せ・予約 チョウハシトオルさん
chohashi@tsukide.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る