広く伝えたい、焼き芋の魅力

 春のうららかな陽気の中、各地でいちはらアート×ミックスのイベントがスタートしている。自然との関わりと建物や道具の機能の中にある美しさを表現したいと、アーティストのチョウハシトオル(長橋徹)さんが旧月出小学校校庭に作り上げた作品兼調理場『火処』。屋根に使われている竹、窯の石と土、藁は地元の産物。屋根に貼られた無数のシートは、風が吹くたびに白い鳥が飛び立つようにはためき、大地の隆起である窯からは煙が空へと昇って行く。
 そんな自然とアートの融合の中、『やきいも学入門編』は行われている。同ワークショップではサツマイモと焼き芋について詳しく学んだあと安納芋、紅あずま、紅はるか、鳴門金時のサツマイモ4種類を実際に焼き、食べ比べをする。炭で約200度に熱した窯内の網で芋を焼く。10分おきに転がしながら遠赤外線でじっくり1時間。焼いている間に講義を進める。
 サツマイモは南米が原産地で、1600年頃に様々なルートから中国を通って日本に伝えられたといわれている。育てる手間がかからず、気象災害にも強い。カルシウム、ビタミンCなどの栄養も豊富に含む。「魅力いっぱいのサツマイモを窯で調理する日本古来の食文化を継承したい」と話すチョウハシさんは神奈川県大磯町で『やきいも日和』を営業。練炭の熱と壺からの遠赤外線でじっくりと焼く大正時代からの『つぼ焼き』による焼き芋を販売している。
 さて、焼き上がった4種類の芋。遠赤外線なので焦げることなく、どれも甘さが凝縮されて中はしっとりホックホク。皮までおいしい。埼玉県から参加した女性は「焼き芋がこんなに奥深いとは。私は鳴門金時が一番好きですね」と笑顔で話した。あなたもサツマイモにハマってみては?

問合せ・予約 チョウハシトオルさん
chohashi@tsukide.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る