ふるさとビジター館

フジの蔓は下から左に巻き上がる

 若葉に輝いていた森が青々してくると、そろそろ紫色のフジが見られるようになる。ひっそりと隠れるかのようにしていた野性のフジが一斉に咲きだす眺めは壮大だ。
 大きいものは1メートルも垂れ下がるという総状花序は上から順に花開く。高い木に絡みつき、張り出した枝先から見えるのはほんの一部分。木の陰に隠れたところにもたくさん垂れ下がっている。
 フジ(藤:別名ノダフジ)はマメ科の木本でマメ亜科フジ属。花は長さ2センチほどの蝶形花。蜜のありかを教える蜜標という黄色のマークがある。虫たちをおびきよせ、受粉の手伝いをさせる虫媒花。花の近くに寄れば、ブンブン飛び回る羽音が聞こえる。やがてソラマメのサヤを平たくしたような豆果がぶら下がる。
 西日本には総状花序が20センチのヤマフジ(山藤:別名ノフジ)がある。よく似るが、簡単な見分け方は蔓の巻き上がり方。下から左に巻き上がるのがフジで、右に巻き上がるのがヤマフジ。例えばねじの場合、尖った方を上に太い方を下にすると、溝は下から右に巻き上がる。紅葉が始まる頃、フジのサヤの下を歩くと上の方でパチとかパキという音が聞こえることがある。サヤが爆ぜて種子を飛ばす音だ。
 フジは藤〇、〇藤など苗字や地名に付けられるほど古くから親しまれている。遠くの山に当たり前のようにフジの花が見られるのは、市原の自然が万葉の昔から豊かな証。大切にしていきたい。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る