アートとダンスのコラボレーション『内田未来楽校』で開催

 市原市の里山を舞台に展開されている『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』。3月29日(土)・30日(日)には、『内田未来楽校(旧内田小学校)』でアートとダンスのコラボレーション『櫻井郁也ソロダンス公演―記憶の海をわたることから―』が上演された。
 昭和3年に建てられた旧内田小学校。築80年を超える木造校舎は、地域の卒業生ら有志によって今も守られている。卒業生の思いが詰まる教室を使った『内田のためのインスタレーション―赤、黄、青、白、緑、桃の調和―』は、様々な素材を組み合わせ、配置・構成した空間全体を芸術作品として見せるインスタレーション作家、瀧澤潔さんの作品。2万個のワイヤーハンガーが教室を取り巻き、中央にはハンガーにかけられた樹脂で固められた古着のTシャツが吊るされている。Tシャツだけが明るく照らされ、不思議な時間が流れる。
 今回その作品とダンスの融合を見せる舞踏家・櫻井郁也さんは、美術・音楽・照明を巧みに操り、シンプルかつストイックな身体表現で見る人に生きる力、喜びを呼び起こす作品を生み出してきた。
 30日の日曜日はあいにくの天気だったが、校舎裏に作られた手作りの木の舞台に現れた白塗りの櫻井さんの手にはビニール傘。ゆっくり、ゆっくりと踊り進む櫻井さんに一気に皆の視線が注がれる。一瞬にしてその場の空気が変わった。校舎の中に移動してからも、その動きは止まらない。音楽と照明、それに瀧澤さんの作品が異次元の空間へと誘う。
 そんな時間が1時間は続いただろうか。『いちはらアート×ミックス』では会期中、様々な場所で新たな芸術作品に触れられる。そんなお祭りだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る