森の中で見えてくるもの

 森は動物たちの住処。多くの動物たちが休息している昼間にお邪魔して、活動した痕跡を探して歩く。いちはらアート×ミックスのイベント、小湊鐵道月崎駅前で行われているワークショップ『木村崇人と森を遊ぶ』。
 静かに合掌し、「お邪魔します」と心で唱えてから足を踏み入れる。目を閉じて光を感じ、足音を出さないように気をつけて進む。そう、森にひっそりと住む、けもののように。そして人が通る道を少し外れ、けもの道へ。姿勢を低くして足を忍ばせる。春先の繁殖期ならではの強い匂いがする。木の幹には泥と鋭い傷が。けものがダニから身を守るため湿地で体に塗った泥を木にこすりつけた痕だという。傷はツノを研いだもの。シカかキョンではないかと木村さんは推察する。さらに目をこらしてみると、木の根本で落ち葉に混じった白や黒の毛を発見。黒くて小さなコロコロした糞も落ちていた。
「しっ」木村さんの合図で参加者は動きを止める。耳をすますと「コンコンコン」鳥が木をつつく音。木の上にいるコゲラのかわいい姿が肉眼でも見えた。「視点を変えてよく観察すると様々なものが見えてきます」と木村さん。
 昼食のあとは人間の目線から自然の法則を探しながら帰路に着いた。雑木林の木々の下方には枝がない。見上げると、枝が何本にも分かれて上に伸びている。光を勝ち取るために闘っているのだ。「水や栄養を隅々まで運ぶ毛細血管に似ていませんか。人間も含めて自然は全て地球から同じ力を受けていることが感じられます」
 他にも、アザミ、ユキノシタなどの野草の試食、拾った枝を削って芯の部分を絵の具で着色した色鉛筆オブジェ作りなど、森を身体いっぱいに感じ、遊び、学ぶ貴重な体験を楽しんだ。5月10(土)、11日(日)にも開催予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…
  2. ◇地域の防犯に、移動交番の活用を  安心な地域づくりと防犯力強化に、千葉県警察が平成22年から開設を進めてきた移動交番。専用の移動交番車に警…
  3. ミリオンセラーの「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」「さとうきび畑」など、数々のヒット曲を生み出した森山良子が3月5日(木)(午後4時開演…
  4. 今年で設立34年目を迎える『市原市なぎなた連盟』は、市内3カ所の体育館を拠点に活動中だ。昭和63年5月、市原市社会体育課主催の家庭婦人を対象…
  5. 実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の…
  6. RUN伴(らんとも)は、認知症の人や家族、医療福祉関係者、認知症の人と接点がない地域住民のみんなでタスキを繋いで、北海道から沖縄まで日本全国…
  7. 市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全…
  8. 毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアー…
  9. 春の息吹を感じながらも、まだ陽当たりが良い所を選んで散歩をする。陽だまりの野草を見ると、大きさ7ミリぐらいの白い花が見られるようになった。…
  10. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

ピックアップ記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~21時 市原市立五井中学校 幅広い年齢層のメンバーが、よさこいを通じてひとつになれる!…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る