スーパー空手マン 68歳で黒帯獲ったぞー!

 市原市国分寺台在住の山内英晴さん(70)は、能満にある極真空手道場に通って14年になる。「前に勤めていた会社で空手同好会に入っていた。そこでは寸止めだったので物足りず、56歳でここの門を叩いた。今年の1月に白内障の手術をしたが、空手は手足を含めた全身で動く。左右均等に使うので健康にとてもいい」と話す山内さんは、細身の体を俊敏に動かしながら型を決める。
 現在も会社員として勤め、通常週2回は道場に通い2時間みっちりと練習する。稽古は基本の突きや蹴り、型、ミット打ち、組手など多種にわたる。「現在は空手を強くなるためというより健康志向で始める方も多いですが、山内さんは精神力も強い。早朝ジョギングは毎朝欠かさず50年間も続け、若い生徒はいい刺激を受けています。私たちも空手以外で多くのことを教えてもらっています」と指導者の高橋衛さんと菊地明さんは声を揃える。 
 空手の進級は7段階あるが、山内さんは68歳にして黒帯を獲得したスーパー空手マン。「先生に教えてもらっても、未だに組手や体のさばき方がうまくできない時もある。力を抜く、というのがこれからも課題。退職をしてからは、将来を担う子ども達に空手を教えたい」と山内さんは抱負を語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る