スーパー空手マン 68歳で黒帯獲ったぞー!

 市原市国分寺台在住の山内英晴さん(70)は、能満にある極真空手道場に通って14年になる。「前に勤めていた会社で空手同好会に入っていた。そこでは寸止めだったので物足りず、56歳でここの門を叩いた。今年の1月に白内障の手術をしたが、空手は手足を含めた全身で動く。左右均等に使うので健康にとてもいい」と話す山内さんは、細身の体を俊敏に動かしながら型を決める。
 現在も会社員として勤め、通常週2回は道場に通い2時間みっちりと練習する。稽古は基本の突きや蹴り、型、ミット打ち、組手など多種にわたる。「現在は空手を強くなるためというより健康志向で始める方も多いですが、山内さんは精神力も強い。早朝ジョギングは毎朝欠かさず50年間も続け、若い生徒はいい刺激を受けています。私たちも空手以外で多くのことを教えてもらっています」と指導者の高橋衛さんと菊地明さんは声を揃える。 
 空手の進級は7段階あるが、山内さんは68歳にして黒帯を獲得したスーパー空手マン。「先生に教えてもらっても、未だに組手や体のさばき方がうまくできない時もある。力を抜く、というのがこれからも課題。退職をしてからは、将来を担う子ども達に空手を教えたい」と山内さんは抱負を語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る