自宅でコーヒー専門店の味を

 香り高いモカ、コクのあるコロンビアなど焙煎したてのコーヒー豆9種類が用意された『ちはら☆あらかると コーヒー入門』。4月15日、ちはら台コミュニティセンターで開かれ、参加者16人がコーヒーの入れ方を学び、「おいしい」と至福の時を過ごした。手軽なハンドドリップ方式を教えたのはおゆみ野駅近くでカフェを営む本かおりさん。
 道具はお湯をいれる専用ポット、ペーパーフィルター、ドリッパーとサーバー。味を一定にするため調理用の計量器と温度計、時間を計るものも必須。2杯から3杯に対し豆は24から25グラム。ミルで挽き、フィルターをセットした容器に粉をいれ平らにする。80から90度のお湯を低い位置から500円玉ぐらいの大きさに注ぎ、盛り上がって周囲に浸透したら20秒蒸らす。次に鉛筆ほどの太さのお湯をゆっくり注ぐ。中心から外側に向かい『の』の字を書くように6回まわし、同じ方向に再び外側から中心に6回まわす。合計12回転を2、3度繰り返し、320ccほど抽出したらドリッパーをはずす。時間は蒸らしも含めふくめ1分30秒。サーバーを軽く揺らしたあとカップへ。「コーヒーは生もの。封を切ったら豆は1か月、粉は2、3週間で飲みきって。保存は常温で」とのこと。10月に再び開講予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…
  2.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  3.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  4.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  5.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  6.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  7. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  8. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  9.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る