自宅でコーヒー専門店の味を

 香り高いモカ、コクのあるコロンビアなど焙煎したてのコーヒー豆9種類が用意された『ちはら☆あらかると コーヒー入門』。4月15日、ちはら台コミュニティセンターで開かれ、参加者16人がコーヒーの入れ方を学び、「おいしい」と至福の時を過ごした。手軽なハンドドリップ方式を教えたのはおゆみ野駅近くでカフェを営む本かおりさん。
 道具はお湯をいれる専用ポット、ペーパーフィルター、ドリッパーとサーバー。味を一定にするため調理用の計量器と温度計、時間を計るものも必須。2杯から3杯に対し豆は24から25グラム。ミルで挽き、フィルターをセットした容器に粉をいれ平らにする。80から90度のお湯を低い位置から500円玉ぐらいの大きさに注ぎ、盛り上がって周囲に浸透したら20秒蒸らす。次に鉛筆ほどの太さのお湯をゆっくり注ぐ。中心から外側に向かい『の』の字を書くように6回まわし、同じ方向に再び外側から中心に6回まわす。合計12回転を2、3度繰り返し、320ccほど抽出したらドリッパーをはずす。時間は蒸らしも含めふくめ1分30秒。サーバーを軽く揺らしたあとカップへ。「コーヒーは生もの。封を切ったら豆は1か月、粉は2、3週間で飲みきって。保存は常温で」とのこと。10月に再び開講予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る