自宅でコーヒー専門店の味を

 香り高いモカ、コクのあるコロンビアなど焙煎したてのコーヒー豆9種類が用意された『ちはら☆あらかると コーヒー入門』。4月15日、ちはら台コミュニティセンターで開かれ、参加者16人がコーヒーの入れ方を学び、「おいしい」と至福の時を過ごした。手軽なハンドドリップ方式を教えたのはおゆみ野駅近くでカフェを営む本かおりさん。
 道具はお湯をいれる専用ポット、ペーパーフィルター、ドリッパーとサーバー。味を一定にするため調理用の計量器と温度計、時間を計るものも必須。2杯から3杯に対し豆は24から25グラム。ミルで挽き、フィルターをセットした容器に粉をいれ平らにする。80から90度のお湯を低い位置から500円玉ぐらいの大きさに注ぎ、盛り上がって周囲に浸透したら20秒蒸らす。次に鉛筆ほどの太さのお湯をゆっくり注ぐ。中心から外側に向かい『の』の字を書くように6回まわし、同じ方向に再び外側から中心に6回まわす。合計12回転を2、3度繰り返し、320ccほど抽出したらドリッパーをはずす。時間は蒸らしも含めふくめ1分30秒。サーバーを軽く揺らしたあとカップへ。「コーヒーは生もの。封を切ったら豆は1か月、粉は2、3週間で飲みきって。保存は常温で」とのこと。10月に再び開講予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る