自分に使いやすいリメイクバッグ

 お気に入りの生地を使いバッグを作る講座『リメイクを楽しむ 小型ボストンバッグ』(五井公民館主催)が4月中旬に開催され、講師手芸家中西利江さんから説明を受けた。作り方は以下の通り。
材料は、表布90×60センチ、裏布80×60センチ、接着芯90×60センチ(普通の厚さ)、ファスナー45センチ。他にマジックテープ、底用芯(厚紙、厚布等)、持ち手(市販)などを用意。
 まずは本体となる表布(縦55×横42センチ)1枚と外ポケット(上24×下25.5センチ、高さ14センチ)2枚を作る。その時、縫い代を2センチくらい多めにとり裁断する(裏布も表布同様)。表布を裁断したら裏側に接着芯をアイロンで貼りつけ、そこに印をつける。ポケットの位置は、縦半分に折った時の中央に上下一枚ずつ。ポケット上から6センチと、ポケットとポケットの間11センチ(底幅)をとり、印をつける。
 次に表布にポケット(2枚の布を中表に合わせて上下縫ったもの)を縫いつけ、表布入り口(布の横部分)にファスナーを縫い付けると筒状に出来上がる。今度は表布を裏にして、ファスナー両端にタブをはさみ縫い、続いてポケット両端の縦マチを縫う(マチをつまんで斜めに縫う)と、バッグが立体的に出来上がる。最後に表布と裏布のマチの縫い代を中とじして底芯を入れ、裏布をファスナー裏にまつり付け、持ち手を表布に縫いつけると出来上がり。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る