自分に使いやすいリメイクバッグ

 お気に入りの生地を使いバッグを作る講座『リメイクを楽しむ 小型ボストンバッグ』(五井公民館主催)が4月中旬に開催され、講師手芸家中西利江さんから説明を受けた。作り方は以下の通り。
材料は、表布90×60センチ、裏布80×60センチ、接着芯90×60センチ(普通の厚さ)、ファスナー45センチ。他にマジックテープ、底用芯(厚紙、厚布等)、持ち手(市販)などを用意。
 まずは本体となる表布(縦55×横42センチ)1枚と外ポケット(上24×下25.5センチ、高さ14センチ)2枚を作る。その時、縫い代を2センチくらい多めにとり裁断する(裏布も表布同様)。表布を裁断したら裏側に接着芯をアイロンで貼りつけ、そこに印をつける。ポケットの位置は、縦半分に折った時の中央に上下一枚ずつ。ポケット上から6センチと、ポケットとポケットの間11センチ(底幅)をとり、印をつける。
 次に表布にポケット(2枚の布を中表に合わせて上下縫ったもの)を縫いつけ、表布入り口(布の横部分)にファスナーを縫い付けると筒状に出来上がる。今度は表布を裏にして、ファスナー両端にタブをはさみ縫い、続いてポケット両端の縦マチを縫う(マチをつまんで斜めに縫う)と、バッグが立体的に出来上がる。最後に表布と裏布のマチの縫い代を中とじして底芯を入れ、裏布をファスナー裏にまつり付け、持ち手を表布に縫いつけると出来上がり。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る