天平のロマンを歩くガイドツアー

「全国60数カ所ある国分寺跡のなかで全容がわかっているのは上総だけ。広さは僧寺が全国3位、尼寺が全国1位」と学術的にも第一級の価値がある市原市の史跡について説明したのはガイド役の山本勝彦さん(70)。4月23日、観光ボランティアガイド『かずさのくに国府探検会』が『国分僧寺、国分尼寺の実像を求めて』というツアーを催した。
 集合場所は市役所1階ロビー『七重塔』のレプリカ前。山本さんが七重塔建築時の背景や工法を解説し、「国司として聞いて下さい」と奈良時代の国家プロジェクトである国分寺建立を命じた聖武天皇の詔(741年)を読み上げ、参加者20名を天平の世界に誘った。
 市役所を出て、市民会館ホールと会議棟の間を抜けると広々とした草地にでる。そこが国分僧寺跡である。かつては塀で囲まれ、仏像を安置する金堂院など主要な建物があった伽藍地で国指定史跡。草地ほぼ中央に寺社林に囲まれ、江戸時代に再興された薬師堂の屋根が見える。
 発掘調査後、住宅地となった寺院地全体は「実務を執る建物や薬草の栽培地などがあり、北は総社幼稚園付近から南は総社2丁目付近」と聞くと広さを実感する。薬師堂方面に歩き、左手1メートル弱の高さに盛土してある場所が七重塔跡。山本さんが両手を広げ「10階建ての市役所より高い」と話すと参加者たちは想像を廻らせ天空を見上げた。現在残るのは塔の中心柱をたてた心礎という礎石、四方にたつ四天柱の礎石3点、12本の側柱のための礎石2点。
 寺は2度炎上した。今は跡形もないが伽藍地南側と住宅地の境に南大門、近くには火災の廃材を捨てた大穴もあった。南大門付近から伽藍地南西角のT字路に出て左折。墓地を右折し、石垣を時計回りに辿ると南田瓦窯跡と神門5号墳の案内板がある。寺院地は南西の古墳群、北東の谷を避けて造営されたという。
 再び国分寺跡にもどり、西門の柱列跡の復元地へ。右手の『将門塔』隣には塔の心礎と同じ大きさと石質の礎石がある。上に後世の石塔が建つが、「なぜここにあるかは謎」だそうだ。古代の鐘楼基壇を利用して造られた仁王門をくぐると左に本堂、正面に薬師堂が建つ。右手の雑木林のあたりが金堂院跡地であるが、南側に小さな標示板があるのみ。再び市民会館を通り、市役所裏手の国分尼寺へ歩き、職員から説明を受けた。
 同会は昨年11月に代表の前田房穂さんが「いまだ特定できない国府にロマンを感じる。市原のお宝を広めたい」と立ち上げ、市原市初の千葉県公認観光ボランティアガイド団体となったばかり。とはいえ、すでに会員8名で市内外の団体も含め約200人を案内した。右記Bコース(約2キロ)のほか、「阿須波神社から古代道を眺めるとワクワクする」というAコース『まぼろしのかずさ国府を訪ねて』(約3キロ)も人気。同会名のホームページ有り。

問合せ 前田さん
TEL 0436・21・8088

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る