五井駅前に集合!3大イベント同日開催

五井コン&五井deカーニBAR&恋フェスタin梨ノ木公園

 8月23日(土)、五井駅前で市原のサマーイベントとして定着した、20代からアラフォーの独身男女がグルメと出会いを楽しむ街コン『五井コン』、そしてチケットを持ってスペシャルメニューのハシゴをする『五井deカーニBAR』、更に今年初めて行われる大人から子どもまでエンジョイできる『恋フェスタin梨ノ木公園』と3つのイベントが同日開催される。
 五井コン実行委員会の加藤博委員長は「今回で4回目の開催となる五井コン。回を重ねる毎に、参加者からフリータイムがほしいとか全員が集まれる場があるといいなどの要望が寄せられました。そこで他にも皆が楽しめるイベントがあったらと考えていたところ、市活会(NPO千葉市原を活性化する会)さんが、五井コン参加者だけでなく、若い人や家族向けの様々なイベントを催そうということになりコラボしての開催となりました」と話し、副委員長の戸田潤一さんも「五井駅前に賑わいをという目的で始められた五井コン。これに2つのイベントが加わることで、幅広い年齢層の方々が集まってくれたら。『五井deカーニBAR』(『五井駅前活性化プロジェクト』・『五井コスモス商店会』主催)は、五井コンが終わったあと夕方5時からスタートします。是非、この機会に行ってみたいと思うお店に出かけてみてください。アフター五井コンの流れでも、五井コンに参加しない人も是非!」と熱くアピール。
 『五井deカーニBAR』はチケットとマップを持って、参加店4軒をハシゴする。チケットは当日券が3200円(800円券4枚綴り)。参加店(下記参照)で販売するが、前売り券は3000円なのでお得!各店ではチケット1枚でスペシャルメニューのワンドリンク&ワンフードを注文。飲食店以外では当日限定商品と引き換えできる。そして、嬉しいのが浴衣や甚平を着た参加者には、チケット1枚(800円分)がプレゼントされる特典。他、YesNoうちわもプレゼント。コミュニケーションツールにどうぞ。尚、チケットが余ってしまっても、今年9月30日まで1枚800円の金券として参加店で使える。
 グルメと出会いの夏祭りにライブ演奏やダンス、ゲーム、飲食や物品の販売で更なる盛り上がりが見込まれる『恋フェスタin梨ノ木公園』を主催する恋フェスタ実行委員会の岩井久美子さん(市活会理事長)は、「そもそも私たちは老若男女のコミュニティーをつくることを目的に、市民の皆さんがやりたいことを支援しようと活動してきました。そして今回、年齢を超えて楽しめるのは音楽だろうと考え、ステージイベントを実施することにしました。フェスティバルのキーワードは『恋をしよう』。恋の歌や懐かしのアニソンに恋しようということで、AKBやアナ雪の曲等も予定しています。他に、ハート型のピザやペアのアクセサリーなどの販売や風船割り他、ゲームもする予定。こうした地域密着型のイベントでは出演者がいつも同じ顔ぶれになりがちだけれど、今回は若い人向けのものに力を入れるので、出演者や司会進行役なども若い人にお願いしました。皆で歌って踊って楽しめるイベントにしたい」と話す。同会副理事長の庄司明さんも「若者が集まる場を提供したい。将来的には若い人たち主体のイベントに育ってほしいですね」と話した。めったにないこんな機会、夏の思い出づくりにもなる。近場で食と人、音楽との出会いを満喫しに出かけてみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る