体協通信

すべての子どもたちの夢のために
NPO法人市原市サッカー協会

 市原市は、市制30周年を迎えた平成5年に「スポーツ健康都市宣言」を致しました。Jリーグも華々しく開幕し、市原市もジェフ市原をホームタウンとして迎え、サッカーを核としたスポーツ環境・スポーツ先進都市づくりに向けての新たなスタートが切られました。
 平成17年度には全国高校総体、平成22年度には千葉県で37年ぶりとなる
「ゆめ半島千葉国体」が市原市をサッカー競技会場として開催されました。全国的な大会を一市だけのサッカー場ですべて試合できる市は、日本でも多くありません。このようなサッカー施設に恵まれた市原市の中で、NPO法人市原市サッカー協会は、1種・2種・3種・4種・5種を運営する役員、チームを指導する監督・コーチの皆様方、登録チームでプレーする子供から社会人、男女を問わない選手たち、これらの『人』に恵まれ『絆』を育みながら、今日まで発展的向上を続けております。
 平成23年には、市原市サッカー協会が主体となって立ち上げた市民チーム・VONDS市原も順調に勝ち上がり、市原のプライドを前面に掲げ、本年は関東1部で戦っております。組織的にも一般社団法人VONDS市原・株式会社VONDS市原を設立し、JFL・J3を目指して体制の強化を努めております。
 私たちは、市原市民の郷土意識の高揚や交流、地域社会の新たな一体感をサッカーを通じて作り上げることで、青少年の健全育成・地域の再生に繋げていきたいと願っております。
 今後とも市原市におけるサッカーの普及・発展、競技力の向上に関する事業を行い市原市民の健全な心身の発達とスポーツ文化の発展に寄与し「すべての子どもたちの夢のために」積極的に活動してまいりますので、関係者各位の一層のご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る