美しき人形の世界

 紫がかった空間の中、木馬の上に座る、どこか楽しげな人形の女の子。きちんと整理されたアトリエに置かれた大きなキャンバスは、まるでメルヘンな人形の世界への入り口のようだ。「アトリエっぽくないでしょ。片付いていないと落ち着かないのよ」と笑顔で話すのは市原市在住の片岡佐智子さん(68)。昨年行われた第58回二科千葉支部展で並樹画廊賞、第98回二科展で会友賞を受賞した。
 片岡さんは、ビスク・ドールと呼ばれる人形をモデルに自身の想像力を織り交ぜて、背景の空気感に独特の動きとリズムを持つ油絵を描く。やさしく落ち着いた夢のような雰囲気は見る者をうっとりさせる。ビスク・ドールとは、もともと頭部や手の部分を二度焼きした磁器製の人形のこと。19世紀にヨーロッパの貴婦人たちの間で流行した。
 30年前、子育てが一段落したと同時に趣味で絵画教室へ通い始めた。「最初のモデルが人形でした。可愛くて、無心で描きました。私の原点なので大切にしたい」と話す作品は、現在とは異なる、ややラフなタッチで描かれた、あどけない表情をした人形の絵だ。
 小さい頃から母の手作りの人形が大好きだった。父のシャツを肌色に染め、中に綿を入れて作ったふっくらした顔、毛糸の髪の毛の大きな抱き人形でよく遊んだそうだ。
「人形は、とても不思議な世界を私に与えてくれます。永遠の命を与えられたものだけが持つ次元を超えた魅力に満ちています」人形と心を通わせ、イメージを膨らませて絵画にする。「自分らしい作品を描きたいと考えるのだけれど、結局、心の感じるままに描いている絵そのものが自分の心の投影なのですよね」と笑う。
 7月の初めに都内の『並樹画廊』で『片岡佐智子展「ドールに魅せられて」』を開き、100号の大作から0号までの23点を披露した。「絵が好きな人や人形が好きな人、たくさんの方が足を運んで下さいました。辺り一面人形の世界を楽しんでもらえたと思います」
「今までは紫がかった色調の絵が多かったですが、これからは黒と白のモノトーンの色調や違った色彩にも挑戦してみたい。人形の数を増やしたり、これまでと違った小物や風景との組み合わせを考えたり、パターンを変えて描いてみたい」と新たな作品への意欲を語った。
 9月3日から15日まで、都内六本木の国立新美術館で行われる第99回二科展に出展予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る