縄文時代のファッション、再流行?

 縄文時代、人々はファッションとして貝殻でアクセサリーを作り身につけていた。中でも大人気だったのがベンケイガイの貝輪。腕にはめやすい形状と大きさ、軽い、入手しやすいなどの理由があったと考えられている。
 7月26日、縄文時代のアクセサリー作りを体験しようと市原市埋蔵文化財調査センター主催『縄文の貝アクセサリーづくり』が行われ、小学生の親子35名が参加した。貝のアクセサリーは市内の貝塚からも多数見つかっており、その材料の貝は南房総の海から持ち込まれたものであることが判明している。そこで同種の貝、特にベンケイガイがたくさん打ち上げられる鴨川市の浜荻海岸へバスで向かった。
 海岸の砂浜に降り立つと、枯れた草木と共に打ち上げられたベンケイガイがあちらこちらに散らばっていた。炎天下にも負けず、参加者たちは貝拾いを楽しんだ。ペンダント用のタカラガイや繋げてブレスレットにする、白地に黒いまだら模様のアマオブネガイなどの小さな貝も拾い集めた。
 製作作業は鴨川市文化財センターで。道具は2種類の石とシカの角を使用。裏返したベンケイガイを手に持ち、貝の真中より少し上をハンマー代わりの石で数回叩くと膨らんだ部分がポコっと抜け落ちた。次に、砂の上に貝の表を上にして置き、シカの角で叩いて穴を大きくしていく。カチカチと貝を叩く音が部屋中に響き渡った。仕上げは水で濡らした砂っぽい石で穴の縁を研いで滑らかにする。ブレスレットやペンダントにするための紐を通す穴も、この砥石でひたすら擦り続ける。なかなか根気のいる作業だったが「全然大変じゃなかったよ」と元気な子どもたち。いくつも貝輪やペンダントを作り、嬉しそうに身につけていた。
 貝を拾う作業から仕上げまで、便利な道具などなかった縄文時代と同じ方法で行うアクセサリー作りは、その苦労が分かると共に実にワクワクする体験だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る