縄文時代のファッション、再流行?

 縄文時代、人々はファッションとして貝殻でアクセサリーを作り身につけていた。中でも大人気だったのがベンケイガイの貝輪。腕にはめやすい形状と大きさ、軽い、入手しやすいなどの理由があったと考えられている。
 7月26日、縄文時代のアクセサリー作りを体験しようと市原市埋蔵文化財調査センター主催『縄文の貝アクセサリーづくり』が行われ、小学生の親子35名が参加した。貝のアクセサリーは市内の貝塚からも多数見つかっており、その材料の貝は南房総の海から持ち込まれたものであることが判明している。そこで同種の貝、特にベンケイガイがたくさん打ち上げられる鴨川市の浜荻海岸へバスで向かった。
 海岸の砂浜に降り立つと、枯れた草木と共に打ち上げられたベンケイガイがあちらこちらに散らばっていた。炎天下にも負けず、参加者たちは貝拾いを楽しんだ。ペンダント用のタカラガイや繋げてブレスレットにする、白地に黒いまだら模様のアマオブネガイなどの小さな貝も拾い集めた。
 製作作業は鴨川市文化財センターで。道具は2種類の石とシカの角を使用。裏返したベンケイガイを手に持ち、貝の真中より少し上をハンマー代わりの石で数回叩くと膨らんだ部分がポコっと抜け落ちた。次に、砂の上に貝の表を上にして置き、シカの角で叩いて穴を大きくしていく。カチカチと貝を叩く音が部屋中に響き渡った。仕上げは水で濡らした砂っぽい石で穴の縁を研いで滑らかにする。ブレスレットやペンダントにするための紐を通す穴も、この砥石でひたすら擦り続ける。なかなか根気のいる作業だったが「全然大変じゃなかったよ」と元気な子どもたち。いくつも貝輪やペンダントを作り、嬉しそうに身につけていた。
 貝を拾う作業から仕上げまで、便利な道具などなかった縄文時代と同じ方法で行うアクセサリー作りは、その苦労が分かると共に実にワクワクする体験だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る