縄文時代のファッション、再流行?

 縄文時代、人々はファッションとして貝殻でアクセサリーを作り身につけていた。中でも大人気だったのがベンケイガイの貝輪。腕にはめやすい形状と大きさ、軽い、入手しやすいなどの理由があったと考えられている。
 7月26日、縄文時代のアクセサリー作りを体験しようと市原市埋蔵文化財調査センター主催『縄文の貝アクセサリーづくり』が行われ、小学生の親子35名が参加した。貝のアクセサリーは市内の貝塚からも多数見つかっており、その材料の貝は南房総の海から持ち込まれたものであることが判明している。そこで同種の貝、特にベンケイガイがたくさん打ち上げられる鴨川市の浜荻海岸へバスで向かった。
 海岸の砂浜に降り立つと、枯れた草木と共に打ち上げられたベンケイガイがあちらこちらに散らばっていた。炎天下にも負けず、参加者たちは貝拾いを楽しんだ。ペンダント用のタカラガイや繋げてブレスレットにする、白地に黒いまだら模様のアマオブネガイなどの小さな貝も拾い集めた。
 製作作業は鴨川市文化財センターで。道具は2種類の石とシカの角を使用。裏返したベンケイガイを手に持ち、貝の真中より少し上をハンマー代わりの石で数回叩くと膨らんだ部分がポコっと抜け落ちた。次に、砂の上に貝の表を上にして置き、シカの角で叩いて穴を大きくしていく。カチカチと貝を叩く音が部屋中に響き渡った。仕上げは水で濡らした砂っぽい石で穴の縁を研いで滑らかにする。ブレスレットやペンダントにするための紐を通す穴も、この砥石でひたすら擦り続ける。なかなか根気のいる作業だったが「全然大変じゃなかったよ」と元気な子どもたち。いくつも貝輪やペンダントを作り、嬉しそうに身につけていた。
 貝を拾う作業から仕上げまで、便利な道具などなかった縄文時代と同じ方法で行うアクセサリー作りは、その苦労が分かると共に実にワクワクする体験だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  房総丘陵の豊かな自然に恵まれた長生郡長南町。深い緑に抱かれて、季節の花々も美しい。『野見金公園』と『熊野の清水公園』は、町民が丹精込めた手…
  2.  市原を中心とした房総の地域史を調査・研究している「房総古代道研究会」は、このたび調査報告書『市原市の六十六部廻国供養塔』と会誌『房総古代道…
  3.  ツルナは、海辺の砂地に生える海浜植物。花は黄色、葉は肉厚で三角からひし形のような形です。表面は細かい粒状突起に被われているので、ざらつき白…
  4. 「書は人の生き方に通じます。山があり谷があり、ピークはどこ、四季の移ろいは、といつも言うんです」と穏やかな笑顔で語るのは、かな書道講師の野…
  5.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  6.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  7.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 2021年6月16日市原市より新型コロナワクチン接種に係る64歳以下の方への接種券の発送及び65歳以上の方の予約枠の追加についての情報が公開…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る