スポーツ科学を取り入れた幼児教室

 市原市菊間のスポレクパークにて(公財)市原市体育協会による『幼児コーディネーション教室』(全6回)が開かれた。講師は博士(医学)の望月明人さんとプロコーチの大羽瑠美子さん。スポーツ科学専攻の大学生4人の手助けも得て、初日は3歳から5歳の子ども19人がボール投げ、立ち幅跳びなど4種の体力測定を行ったあと、コーディネーション運動をした。
 コーディネーション能力とは目や耳など五感から取り入れた情報を神経系に伝達し、筋肉を動かす一連の体の動きをコントロールする能力のこと。神経系の発達が著しい幼児期から児童期に同運動をするとスポーツや日常動作に必要な基本的な能力が向上するという。
保護者が見守るなかグラウンドで行われたのは、笛の合図で地面に置かれたフラフープの輪の中に入る、鬼ごっこで捕まりそうになったらしゃがむなど遊びを取り入れた運動。「ぶつからないためにはどうすればいいのかな」、「次はどうするの」など問いかける望月さんに子どもたちは元気よく答え、思い切り体を動かした。
 「楽しく遊べば運動が好きになる。大人が型にはめ教えるのではなく自ら動くことを促していく。教室では自分で決め、自分の意見が受け入れられたという経験もさせたい」とのこと。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る