可愛い子どもは放って育てろ!? 多肉植物の育て方のコツ

 10月5日(日)、上総更級公園内の公園センターで『多肉植物の育て方』教室が開催され、約30名が集った。講師はセンターでみどりの相談員を勤める白滝嘉子(よしこ)さん。「多肉植物は乾燥した厳しい場所でも生き延びるために、水分を根や葉、茎などに蓄えるようになったもの。直射日光と雨ざらしを避けて、日当たりのいい場所に置くことが大切。好む温度は5から15度」と白滝さんは丁寧に説明する。
 受講者たちは、雅楽の舞・火祭・クラスラなどを含めた7種類の多肉植物を素焼き鉢に寄せ植える作業を行った。株を選ぶポイントは、「葉の色が良い。株の節間が短い。株がぐらぐらしていない。下葉が枯れていない」ことだとか。元々病気の少ない多肉植物だが、葉や根にネジラミやワタムシがつくこともあり、その際は取り除く必要がある。殺虫剤についても、「みんなが使っている殺虫剤だと虫に抗体ができてくる。周りが使っている殺虫剤と違うものにすると効き目が強く、自分だけ成功したりする」と裏話が聞ける場面も。
 受講者には、「全体的に私のものは背が低いから、褒めてこれから伸ばさなきゃ」と嬉しそうに意気込みを話す人も。ただ、多肉植物で重要なのは水やりの頻度。「毎朝水をあげたくなるけど、3週間に1度で十分」だそうで、放っておきつつ見守ることが1番なのだとか。

問合せ 公園センター
TEL 0436・20・3555

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る