洋楽を聴きながら英会話力アップ

 9月1日からの毎週月曜日、全6回シリーズの講座『英語で歌おう』が千種コミュニティセンターで行われた。公民館などで英会話講師をしているカナダ出身のポール・ジンクスさんが講師。日本語を理解できるが、レッスンはほぼ英語でのやり取り。受講者6名のレベルは初級者から中級者までと様々だが「レベルは関係ありません。どんな英語でもいいから、歌をテーマに会話をしてコミュニケーション力をつけてほしい」と話すジンクスさん。レッスン内容は、まず曲を聴いて歌詞の書き取りを行う。曲目は「イマジン」、「オネスティ」、「明日に架ける橋」など。長い歌詞の中、一つの単語でいいから聴き取ってみよう、そんな趣旨だ。次に空白のある歌詞カードが配られ、穴埋めをしたあと2人組になって「ここはleaveかな、believeかな」などと話し合いをする。これもできるだけ英語で。「難しいです」と苦笑いしながら日本語で話す人もいれば、英語で話し合い、盛り上がっているペアも。そして楽しく歌う。意味の分からない文については、歌の背景、例えばビリー・ジョエルの人生観などにも触れながら、やはり英語でジンクスさんが解説する。英語に自信のある人もない人も「歌うのはエンジョイだよ」と笑った。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る