米粉で作る信州の郷土食

 毎年、黒糖おこし、いが饅頭など懐かしいおばあちゃんの味を再現する『昔ながらの手作りお菓子』教室が菊間コミュニティ・保健福祉センター主催で開かれている。伝授するのは地元の農産物で加工品を作る女性起業家グループ『市原ドリームレディ』の大網初江さんと伊場美津子さん。昨年末は16人が参加し信州の郷土食『おやき』2種を作った。
 生地の材料(5個分)は米粉200グラム、ベーキングパウダー小さじ2、砂糖大さじ2分の1。ボールに入れ混ぜたら、熱湯を注いでこねる。分量の熱湯250cc全て注がず、耳たぶぐらいの硬さになったら止め、ラップに包む。3分ねかせたら5等分にわけ、片栗粉を敷いたバットにのせる。粒あん120グラムも5等分に。生地を丸く伸ばしあんを包む。「コツは中心を厚くすること」と大網さんが皮を破かないようにお手本を見せた。クッキングシートにのせて15分蒸し、粗熱を取りフライパンで焼くとモチモチのおやきが完成する。もう一つの具は高菜120グラム。水でよく洗い刻んで、ゴマ油、しょう油、みりんで炒め、白ゴマを加える。
「あんはかぼちゃ、キノコ、ナスなどもおいしい。温かいうちに食べて」と伊場さん。さらにもう一品、『大根のしょう油づけ』も作り、試食した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る