米粉で作る信州の郷土食

 毎年、黒糖おこし、いが饅頭など懐かしいおばあちゃんの味を再現する『昔ながらの手作りお菓子』教室が菊間コミュニティ・保健福祉センター主催で開かれている。伝授するのは地元の農産物で加工品を作る女性起業家グループ『市原ドリームレディ』の大網初江さんと伊場美津子さん。昨年末は16人が参加し信州の郷土食『おやき』2種を作った。
 生地の材料(5個分)は米粉200グラム、ベーキングパウダー小さじ2、砂糖大さじ2分の1。ボールに入れ混ぜたら、熱湯を注いでこねる。分量の熱湯250cc全て注がず、耳たぶぐらいの硬さになったら止め、ラップに包む。3分ねかせたら5等分にわけ、片栗粉を敷いたバットにのせる。粒あん120グラムも5等分に。生地を丸く伸ばしあんを包む。「コツは中心を厚くすること」と大網さんが皮を破かないようにお手本を見せた。クッキングシートにのせて15分蒸し、粗熱を取りフライパンで焼くとモチモチのおやきが完成する。もう一つの具は高菜120グラム。水でよく洗い刻んで、ゴマ油、しょう油、みりんで炒め、白ゴマを加える。
「あんはかぼちゃ、キノコ、ナスなどもおいしい。温かいうちに食べて」と伊場さん。さらにもう一品、『大根のしょう油づけ』も作り、試食した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る