甌穴(おうけつ)の石

遠山あき

 昨年四月下旬の夕方のことであった。日頃親しくしているTさんが長靴に懐中電灯を持って「夕方になってすいません。甌穴の中にある小石が欲しいので、ご一緒して頂けますか」と、遠慮がちにやって来た。
 養老川の川床には甌穴(ポットホール)がたくさんある。長い年月に渉り川が流した土が堆積した川岸や川底は、砂岩(砂の堆積した岩)、粘板岩
(粘土が堆積した岩)、礫岩(礫混じりの砂岩)等の軟らかい地層で作られている。その軟らかい土質を削って水は流れる。大雨の後には流水が川底を削って、そこには大小さまざまな甌穴ができた。何か障害物があって流れが阻まれた時、そこに小石でもつかえたら一カ所をグルグル回って周りを削り、円形の窪みができる。それがいわゆる甌穴だ。落ちた小石が甌穴の中に残されていることが多い。Tさんの欲しかったのはその甌穴の中の小石だった。
「何になさるんですか?」ときくと、「僕の曾孫ですが、待ちに待った男の子なんですよ。丈夫な子に育ってほしいと、それが七十五歳の僕の悲願なんです。僕の故郷では、甌穴の中で削られ揉まれ鍛えられた石のように逞しく育ってほしいと願い、その子の一歳の誕生日にその石を背負わせて、一歩でも歩けば願いが叶うという慣わしがあるのです。実は今日その祝いの日だったんですが、つい仕事にかまけて遅くなってしまい、遠山さんにご迷惑をかけました。しかしこうして石が手に入りました。ありがとうございます」
 Tさんは、いとしそうに拾い上げた小石に頬ずりした。私にも曾孫は居る。でも、その慣わしは初めて聞く、この房総にはないものだった。Tさんの故郷は確か九州だ。向こうではそういう風習があるのだろう。嬉しそうに甌穴の石に頬ずりするTさんの姿に、私は胸がジーンとした。各界で立派な仕事をしているTさんの、率直な願望に私は打たれた。
 今年のTさんからの賀状に「お陰様で曾孫はすくすくと丈夫に育っています」と添え書きがあって、私は嬉しく何度も読み返した。甌穴には、今年もまた新しい小石がつかえているだろう。自然の戯れで、人知れず小石はやがてまた流れ去ってしまうのだが……。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る