甌穴(おうけつ)の石

遠山あき

 昨年四月下旬の夕方のことであった。日頃親しくしているTさんが長靴に懐中電灯を持って「夕方になってすいません。甌穴の中にある小石が欲しいので、ご一緒して頂けますか」と、遠慮がちにやって来た。
 養老川の川床には甌穴(ポットホール)がたくさんある。長い年月に渉り川が流した土が堆積した川岸や川底は、砂岩(砂の堆積した岩)、粘板岩
(粘土が堆積した岩)、礫岩(礫混じりの砂岩)等の軟らかい地層で作られている。その軟らかい土質を削って水は流れる。大雨の後には流水が川底を削って、そこには大小さまざまな甌穴ができた。何か障害物があって流れが阻まれた時、そこに小石でもつかえたら一カ所をグルグル回って周りを削り、円形の窪みができる。それがいわゆる甌穴だ。落ちた小石が甌穴の中に残されていることが多い。Tさんの欲しかったのはその甌穴の中の小石だった。
「何になさるんですか?」ときくと、「僕の曾孫ですが、待ちに待った男の子なんですよ。丈夫な子に育ってほしいと、それが七十五歳の僕の悲願なんです。僕の故郷では、甌穴の中で削られ揉まれ鍛えられた石のように逞しく育ってほしいと願い、その子の一歳の誕生日にその石を背負わせて、一歩でも歩けば願いが叶うという慣わしがあるのです。実は今日その祝いの日だったんですが、つい仕事にかまけて遅くなってしまい、遠山さんにご迷惑をかけました。しかしこうして石が手に入りました。ありがとうございます」
 Tさんは、いとしそうに拾い上げた小石に頬ずりした。私にも曾孫は居る。でも、その慣わしは初めて聞く、この房総にはないものだった。Tさんの故郷は確か九州だ。向こうではそういう風習があるのだろう。嬉しそうに甌穴の石に頬ずりするTさんの姿に、私は胸がジーンとした。各界で立派な仕事をしているTさんの、率直な願望に私は打たれた。
 今年のTさんからの賀状に「お陰様で曾孫はすくすくと丈夫に育っています」と添え書きがあって、私は嬉しく何度も読み返した。甌穴には、今年もまた新しい小石がつかえているだろう。自然の戯れで、人知れず小石はやがてまた流れ去ってしまうのだが……。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使…
  2.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…
  3.  毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料…
  4.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。45年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  5.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  6. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  7.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  8.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る