体幹を鍛えて、転倒予防に

 南総公民館で行われた、腰痛や転倒予防などに役立つ『体幹トレーニング』講座。道具を使わず家でもできる内容で、ゆっくりした動きが特徴だ。講師の山口力矢さんは、「脊柱、胸郭、骨盤で構成される体の筋肉を、内・外ともに動かしていきます。よろける、つまずく事が無くなりますよ」と話す。
 取材した2月27日(金)は、全2回の後半。参加者は2週間前に行ったメニューを思い出しながら、積極的に体をコントロール。少しでも動かせればOKなので、終始和やかな雰囲気で進んだ。最初と最後に行ったストレッチは、背中を反らしたり丸めたり、和室の畳に寝て体を捻ったりするポーズ。トレーニングの前半は、お腹をしっかりへこますことから、四つん這いになって片手片足を持ち上げてバランスを取ったり、膝の上の掌の分だけ上体を後ろへ倒すなど、腹部を中心に動かした。後半の背部・胸部・臀部・股関節のトレーニングは、片足で立ったまま両手を床についたり、胸の前で手を合わせて押し合わせたり、片足の膝を直角に腰の位置まで勢い良く持ち上げるなど。 一通りこなすと、途中で息が上がり汗ばむほどだ。
 VONDS市原やプロのボートレーサーも指導する山口さんは、普段はゼットエー武道場で一般から中高生までトレーニング指導をしている。「1週間かけて全部のメニューをこなすことでも効果があります。短い時間でも毎日続けることが大事。分からなくなったら武道場に聞きにきてください」と締めくくり、参加者からは「ぜひ行きます!」との元気な声が上がっていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る