うどん作りでストレッチ?

 3月10日、菊間コミュニティ・保健福祉センターにて人気講座『うどん作り』が開かれ、抽選に当たった10名が参加した。講師は市原市菊間在住の中村三千男(77)さんと村上さん。講座は「一人ひとり体験できるように」と二人一組になってはじまった。
大きなボールに中力粉400グラムをいれ、塩小さじ2杯強を溶かしたぬるま湯180cc回し入れる。お湯は少しずつ入れ、1割ほど残す。こねてまとまらなければ残りを加える。ひと塊になったら、「1時間から3時間ほどねかせるとコシが出る」そうだ。生地をビニール袋に入れ、床で足を使って10分踏み、取り出し「四角く畳んでカメの背中のように」端を内側に織り込む。再び10分踏んで方形にする。参加者の生地をねかせている間、中村さんがまな板に打ち粉(薄力粉)をして生地をめん棒で伸ばし、蕎麦包丁を使って細く切り、村上さんが打ち粉をまぶして一本一本並べるお手本を見せた。
 参加者たちは向かい合って「うどんが伸びる前に自分が伸びる」など冗談を言いながら生地を伸ばす。村上さんに「腰を入れ、ストレッチするつもりで」と励まされ、それぞれ力を込め試行錯誤して生地を薄くした。好みの太さに切ると完成。各テーブルを回り、「これは几帳面な人の切り方」、「太麺だね」と楽しそうに鑑賞しあい、お互いの健闘をたたえあった。試食に参加者は「乾麺では味わえないコシの強さ」と大満足。ポイントは「水加減と愛情をこめ手際よく打つこと」だという。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る