着物リメイク生地でお手玉作り

 3月7日、道の駅『あずの里いちはら』にある温かい雰囲気の木造建物『ふるさとハウス』で『第1回手芸教室』が行われ、60代を中心とした20名の参加者が着物リメイク生地を使ったお手玉作りに挑戦した。主催は(一社)市原市観光協会。講師は、不要になった着物の端切れで可愛らしい小物を作り、あずの里で販売している市内在住の廣部(ひろべ)由美子さん。
 約3センチ×約5センチに切った2柄、2枚ずつの布を中表にして交互に繋ぎ合わせ袋状にする。上部は糸を通して絞り、中にペレットを入れてから縫い止める。上下の止め口に花などの飾りをボンドでつけたら完成。中央の花芯には綿を入れ、花びらは直径約2センチの丸い布を半分に折り、糸で絞りながら6枚繋げて作った。
 廣部さんが用意した、一つひとつ異なる模様の端切れにより色とりどりのお手玉が出来上がった。大好評に終わった手芸教室、日にちは未定だが第2回を開催する予定。参加者からは「人と話しながら手を動かすのが楽しい」、「出かけるきっかけにもなる。また参加したい」などの声が聞かれた。また、不定期で木工作教室やパン作り教室も行っているので本紙の『コミュニティひろば』を要チェック。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る