薬草・食用で親しまれてきたナズナ

 今回の題材に選んだナズナは広く知られている通り、春の七草のひとつです。セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ。今回はナズナのほかにも、セリとホトケノザを見つけることができました。
 ナズナは道端や田畑、野原などに生える年越草で、高さは10~50センチ程。3ミリほどの白い4弁化を花穂状につけます。花は下の方から終わってばち型の実をつけますが、先端では次々に花が咲くので実が小さな葉のように見えます。本当の葉は細長く、先端はとがっています。
 ナズナの名前の由来は、撫でたいほど可愛らしいので「撫で菜」、夏には枯れてしまうことから「夏無」など諸説あります。また別名として、実同士がぶつかる時の音や実の形が三味線のばちに似ていることから、「ぺんぺん草」「三味線草」とも呼ばれています。
 ナズナは有史以前に大陸から渡来し食用・薬草として古くから用いられてきました。昔は野菜として重宝され、七草がゆにいれて食べるようになったのは平安時代からのようです。
 観察に行った日は3月も半ば、まだ冬のコートが必要でした。それでも里山の植物はそれぞれの生命サイクルに従い、新芽を出したり花を咲かせています。今回訪れた場所は久しぶりに行ったのですが、一部整地されていたり動物除けが電流仕掛けになっているなど、生活と自然が以前より分断されたように感じるところもありました。これからも人と動植物が上手に共存し、里山の環境が保たれるといいなと思います。お弁当とカメラを持って、また里山に散歩に行きたいです。

ナチュラリストネット/岡島 亜純

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る