薬草・食用で親しまれてきたナズナ

 今回の題材に選んだナズナは広く知られている通り、春の七草のひとつです。セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ。今回はナズナのほかにも、セリとホトケノザを見つけることができました。
 ナズナは道端や田畑、野原などに生える年越草で、高さは10~50センチ程。3ミリほどの白い4弁化を花穂状につけます。花は下の方から終わってばち型の実をつけますが、先端では次々に花が咲くので実が小さな葉のように見えます。本当の葉は細長く、先端はとがっています。
 ナズナの名前の由来は、撫でたいほど可愛らしいので「撫で菜」、夏には枯れてしまうことから「夏無」など諸説あります。また別名として、実同士がぶつかる時の音や実の形が三味線のばちに似ていることから、「ぺんぺん草」「三味線草」とも呼ばれています。
 ナズナは有史以前に大陸から渡来し食用・薬草として古くから用いられてきました。昔は野菜として重宝され、七草がゆにいれて食べるようになったのは平安時代からのようです。
 観察に行った日は3月も半ば、まだ冬のコートが必要でした。それでも里山の植物はそれぞれの生命サイクルに従い、新芽を出したり花を咲かせています。今回訪れた場所は久しぶりに行ったのですが、一部整地されていたり動物除けが電流仕掛けになっているなど、生活と自然が以前より分断されたように感じるところもありました。これからも人と動植物が上手に共存し、里山の環境が保たれるといいなと思います。お弁当とカメラを持って、また里山に散歩に行きたいです。

ナチュラリストネット/岡島 亜純

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る