薬草・食用で親しまれてきたナズナ

 今回の題材に選んだナズナは広く知られている通り、春の七草のひとつです。セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ。今回はナズナのほかにも、セリとホトケノザを見つけることができました。
 ナズナは道端や田畑、野原などに生える年越草で、高さは10~50センチ程。3ミリほどの白い4弁化を花穂状につけます。花は下の方から終わってばち型の実をつけますが、先端では次々に花が咲くので実が小さな葉のように見えます。本当の葉は細長く、先端はとがっています。
 ナズナの名前の由来は、撫でたいほど可愛らしいので「撫で菜」、夏には枯れてしまうことから「夏無」など諸説あります。また別名として、実同士がぶつかる時の音や実の形が三味線のばちに似ていることから、「ぺんぺん草」「三味線草」とも呼ばれています。
 ナズナは有史以前に大陸から渡来し食用・薬草として古くから用いられてきました。昔は野菜として重宝され、七草がゆにいれて食べるようになったのは平安時代からのようです。
 観察に行った日は3月も半ば、まだ冬のコートが必要でした。それでも里山の植物はそれぞれの生命サイクルに従い、新芽を出したり花を咲かせています。今回訪れた場所は久しぶりに行ったのですが、一部整地されていたり動物除けが電流仕掛けになっているなど、生活と自然が以前より分断されたように感じるところもありました。これからも人と動植物が上手に共存し、里山の環境が保たれるといいなと思います。お弁当とカメラを持って、また里山に散歩に行きたいです。

ナチュラリストネット/岡島 亜純

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る