和のおもてなしを体験

 子どもたちに日本の伝統文化へ親しんでもらおうと、3月27日、国分寺公民館で『和の心・茶道体験』が開催された。参加したのは小学生から高校生の8名で、ほとんどの子が茶道は初めて。
 まずは大日本茶道学会に所属する講師の鵜澤敏子さんから、茶道の行事や歴史の簡単な説明。「茶道には、関わりの深い『禅語』がよく使われます。『円相』と言う丸を描いた図には、お互いの気持ちを思いやり、さりげなく気働きのできる人になれるよう、努力していきましょう、という意味がこめられています」と、心構えや『足るを知る』などの格言を習った。
 次に子どもたちは接待側と客側のグループに分かれ、立ち居振る舞いの練習を交互に行った。最初は座る・立つ・襖を開ける・和室の歩き方などの基本。下座を柱側と覚えてから、立つ時は下座側の足、座る時は上座側の足、和室ではお客様が座る場所は歩かない、へりを踏まないなど、子どもたちは初めてのことに四苦八苦。客側の子たちが茶室で掛軸、花、香炉などの鑑賞や、菓子の食べ方、懐紙の使い方、お茶碗の持ち方、挨拶の仕方などを習う間に、接待側の子たちはお菓子の盛付け、お茶の点て方、運び方を学んだ。
「お作法は、どれも『ありがとう』の気持ちを表現しています。ですから、お菓子やお茶を出すとき、いただいたとき、どちらもさりげなく気遣ってお礼をこめて、という感じで、一礼をしましょう」と鵜澤さん。まごついたり、やり直したりする子もいたが、無事に全員が一通り茶席を体験。美味しい和菓子とお茶をいただいた。
 子どもたちは「知らないことばかりだったので緊張した」「立つ時、部屋に入る時の足の向きが難しかった」との感想。同時に「お茶を点てるのが楽しかった」「お菓子のちゃんとした食べ方を教えてもらえて良かった」と嬉しそうだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る