和のおもてなしを体験

 子どもたちに日本の伝統文化へ親しんでもらおうと、3月27日、国分寺公民館で『和の心・茶道体験』が開催された。参加したのは小学生から高校生の8名で、ほとんどの子が茶道は初めて。
 まずは大日本茶道学会に所属する講師の鵜澤敏子さんから、茶道の行事や歴史の簡単な説明。「茶道には、関わりの深い『禅語』がよく使われます。『円相』と言う丸を描いた図には、お互いの気持ちを思いやり、さりげなく気働きのできる人になれるよう、努力していきましょう、という意味がこめられています」と、心構えや『足るを知る』などの格言を習った。
 次に子どもたちは接待側と客側のグループに分かれ、立ち居振る舞いの練習を交互に行った。最初は座る・立つ・襖を開ける・和室の歩き方などの基本。下座を柱側と覚えてから、立つ時は下座側の足、座る時は上座側の足、和室ではお客様が座る場所は歩かない、へりを踏まないなど、子どもたちは初めてのことに四苦八苦。客側の子たちが茶室で掛軸、花、香炉などの鑑賞や、菓子の食べ方、懐紙の使い方、お茶碗の持ち方、挨拶の仕方などを習う間に、接待側の子たちはお菓子の盛付け、お茶の点て方、運び方を学んだ。
「お作法は、どれも『ありがとう』の気持ちを表現しています。ですから、お菓子やお茶を出すとき、いただいたとき、どちらもさりげなく気遣ってお礼をこめて、という感じで、一礼をしましょう」と鵜澤さん。まごついたり、やり直したりする子もいたが、無事に全員が一通り茶席を体験。美味しい和菓子とお茶をいただいた。
 子どもたちは「知らないことばかりだったので緊張した」「立つ時、部屋に入る時の足の向きが難しかった」との感想。同時に「お茶を点てるのが楽しかった」「お菓子のちゃんとした食べ方を教えてもらえて良かった」と嬉しそうだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る