バラを育て楽しむ

 花木でもっとも愛好者の多いバラは、初夏が一番のシーズン。加茂公民館では、約20年バラの庭作りを楽しんでいる大沢純子さんを講師に迎え、5月13日に講座『バラを育てる』を開催した。参加者は、初心者から約10年行っている人など20名。「バラを育てる基本は、バラの特徴を知って、庭の環境に合った種類を植えること」と大沢さん。「環境に合わないと病気にもかかりやすく、失敗する可能性が大きくなります。最初は育てやすさから選ぶといいですね」。
 講座は苗の選び方、植える時期や場所の考え方、肥料のやり方など、世話の方法を10のポイントに絞って解説。「空気の入った柔らかい土が大事。排水を良くし、定期的に土を返します。雑草をとる時は、スコップで根から掘り返すと、空気が入って一石二鳥ですよ。殺菌剤と殺虫剤も組み合わせて使います。1種類だけ使うと耐性ができて効きづらくなります」。バラの主の病気である『うどんこ病』『黒点病』の感染には、「病気になった葉はすべて拾い、土も消毒することです。菌が生き残ってしまうことが、他に感染する原因。取ったスコップ、ハサミも消毒して、そのまま別の花に使わないように」と、アドバイスした。
 後半は公民館から徒歩数分の大沢さんの自宅を訪れ、ご夫婦で丹精込めて作られた庭を見学。外壁や門回りに咲く何種類ものつるバラや、玄関へのアプローチ、広い芝生の庭の周囲で、大きく花開く鮮やかな数多くのバラと色とりどりの花、樹木の緑をたっぷり堪能。剪定の仕方やバラの花の楽しみ方、実際の土の様子など、ご主人も参加し、実地で説明を受けた。参加者は感嘆しつつ写真を撮ったり、熱心にメモを取ったりした。
 「綺麗な花、香りの良さがバラの魅力。世話をすればちゃんと答えてくれます。次々と咲く初夏の朝が一番楽しみですね」と大沢さん。参加者は「消毒の仕方などとてもよく分かった。さっそく帰って世話をします」と喜んでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る