バラを育て楽しむ

 花木でもっとも愛好者の多いバラは、初夏が一番のシーズン。加茂公民館では、約20年バラの庭作りを楽しんでいる大沢純子さんを講師に迎え、5月13日に講座『バラを育てる』を開催した。参加者は、初心者から約10年行っている人など20名。「バラを育てる基本は、バラの特徴を知って、庭の環境に合った種類を植えること」と大沢さん。「環境に合わないと病気にもかかりやすく、失敗する可能性が大きくなります。最初は育てやすさから選ぶといいですね」。
 講座は苗の選び方、植える時期や場所の考え方、肥料のやり方など、世話の方法を10のポイントに絞って解説。「空気の入った柔らかい土が大事。排水を良くし、定期的に土を返します。雑草をとる時は、スコップで根から掘り返すと、空気が入って一石二鳥ですよ。殺菌剤と殺虫剤も組み合わせて使います。1種類だけ使うと耐性ができて効きづらくなります」。バラの主の病気である『うどんこ病』『黒点病』の感染には、「病気になった葉はすべて拾い、土も消毒することです。菌が生き残ってしまうことが、他に感染する原因。取ったスコップ、ハサミも消毒して、そのまま別の花に使わないように」と、アドバイスした。
 後半は公民館から徒歩数分の大沢さんの自宅を訪れ、ご夫婦で丹精込めて作られた庭を見学。外壁や門回りに咲く何種類ものつるバラや、玄関へのアプローチ、広い芝生の庭の周囲で、大きく花開く鮮やかな数多くのバラと色とりどりの花、樹木の緑をたっぷり堪能。剪定の仕方やバラの花の楽しみ方、実際の土の様子など、ご主人も参加し、実地で説明を受けた。参加者は感嘆しつつ写真を撮ったり、熱心にメモを取ったりした。
 「綺麗な花、香りの良さがバラの魅力。世話をすればちゃんと答えてくれます。次々と咲く初夏の朝が一番楽しみですね」と大沢さん。参加者は「消毒の仕方などとてもよく分かった。さっそく帰って世話をします」と喜んでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る