バラを育て楽しむ

 花木でもっとも愛好者の多いバラは、初夏が一番のシーズン。加茂公民館では、約20年バラの庭作りを楽しんでいる大沢純子さんを講師に迎え、5月13日に講座『バラを育てる』を開催した。参加者は、初心者から約10年行っている人など20名。「バラを育てる基本は、バラの特徴を知って、庭の環境に合った種類を植えること」と大沢さん。「環境に合わないと病気にもかかりやすく、失敗する可能性が大きくなります。最初は育てやすさから選ぶといいですね」。
 講座は苗の選び方、植える時期や場所の考え方、肥料のやり方など、世話の方法を10のポイントに絞って解説。「空気の入った柔らかい土が大事。排水を良くし、定期的に土を返します。雑草をとる時は、スコップで根から掘り返すと、空気が入って一石二鳥ですよ。殺菌剤と殺虫剤も組み合わせて使います。1種類だけ使うと耐性ができて効きづらくなります」。バラの主の病気である『うどんこ病』『黒点病』の感染には、「病気になった葉はすべて拾い、土も消毒することです。菌が生き残ってしまうことが、他に感染する原因。取ったスコップ、ハサミも消毒して、そのまま別の花に使わないように」と、アドバイスした。
 後半は公民館から徒歩数分の大沢さんの自宅を訪れ、ご夫婦で丹精込めて作られた庭を見学。外壁や門回りに咲く何種類ものつるバラや、玄関へのアプローチ、広い芝生の庭の周囲で、大きく花開く鮮やかな数多くのバラと色とりどりの花、樹木の緑をたっぷり堪能。剪定の仕方やバラの花の楽しみ方、実際の土の様子など、ご主人も参加し、実地で説明を受けた。参加者は感嘆しつつ写真を撮ったり、熱心にメモを取ったりした。
 「綺麗な花、香りの良さがバラの魅力。世話をすればちゃんと答えてくれます。次々と咲く初夏の朝が一番楽しみですね」と大沢さん。参加者は「消毒の仕方などとてもよく分かった。さっそく帰って世話をします」と喜んでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る