砂地が育む新玉 山里 吾郎

 白子町は外房の太平洋岸、九十九里浜の南部に位置する。白砂青松の砂浜に加えヨウ素や天然ガスなど豊富な地下資源にも恵まれ、独自の町興しを成功させている▼白子と言えば代名詞のようなテニス村。砂風呂と温泉。さらに最近の一番人気は地域ブランドにまで成長した「白子のタマネギ」。ワカメ、竹の子と続いた小欄の産地シリーズ。今回は砂地が育んだ新玉を求めて、潮の香漂う九十九里沿いの町を訪ねた▼今年の5月はとにかく暑かった。連休明けの10日(日)、茂原市に住む義弟夫婦の車に便乗し午前9時過ぎに出発。ちょうど「たまねぎ祭り」の開催日で予想をはるかに上回る大渋滞の中、何とか祭り会場にたどり着いた▼あちこちに積まれたタマネギの山。露店ではタマネギドレッシングやタマネギワイン、輪切りにした天ぷらの試食などまさにタマネギづくし▼熱気に煽られながらわれわれも新玉を手に入れようと砂地の畑に繰り出し、「タマネギ狩り」に挑戦した▼1人1,000円を支払いネットとハサミを受け取る。「10キロが目安だけど今日はサービスで詰め放題」。うれしい説明に奮い立ち、早速緑の茎を掴み勢いよく抜き取る。持ち上げるとまさに丸々太った新玉。柔らかい砂地のお蔭だろう。いとも簡単に抜き取り作業ははかどる▼茎と根をハサミで切り、ネットの隙間を埋めるように詰め込む。なるべく球状のものをうまく入れるのがコツの様で、「まだ入るよ」の女性陣の叱咤激励を受けながら懸命の作業。短時間とはいえさすがに汗が滴り落ちたが、時折吹く潮風が涼を運んでくれた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 3月25日、茂原市国府関の茂原街道沿いにフットサルコートを併設したサービス付き高齢者向け住宅『ファミリークラブあかね雲』がオープンした。フッ…
  2.  八千代市大和田新田にある京成バラ園では、6月13日(日)まで春のシーズンイベント『スプリングフェスティバル It's so in Bloo…
  3.  新型コロナウイルスのパンデミックのなか、2020年6月15日にスタートしたインスタグラム・プロジェクト「Artists' Breath」(…
  4. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1. 3月25日、茂原市国府関の茂原街道沿いにフットサルコートを併設したサービス付き高齢者向け住宅『ファミリークラブあかね雲』がオープンした。フッ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る