房総往来

砂地が育む新玉 山里 吾郎

 白子町は外房の太平洋岸、九十九里浜の南部に位置する。白砂青松の砂浜に加えヨウ素や天然ガスなど豊富な地下資源にも恵まれ、独自の町興しを成功させている▼白子と言えば代名詞のようなテニス村。砂風呂と温泉。さらに最近の一番人気は地域ブランドにまで成長した「白子のタマネギ」。ワカメ、竹の子と続いた小欄の産地シリーズ。今回は砂地が育んだ新玉を求めて、潮の香漂う九十九里沿いの町を訪ねた▼今年の5月はとにかく暑かった。連休明けの10日(日)、茂原市に住む義弟夫婦の車に便乗し午前9時過ぎに出発。ちょうど「たまねぎ祭り」の開催日で予想をはるかに上回る大渋滞の中、何とか祭り会場にたどり着いた▼あちこちに積まれたタマネギの山。露店ではタマネギドレッシングやタマネギワイン、輪切りにした天ぷらの試食などまさにタマネギづくし▼熱気に煽られながらわれわれも新玉を手に入れようと砂地の畑に繰り出し、「タマネギ狩り」に挑戦した▼1人1,000円を支払いネットとハサミを受け取る。「10キロが目安だけど今日はサービスで詰め放題」。うれしい説明に奮い立ち、早速緑の茎を掴み勢いよく抜き取る。持ち上げるとまさに丸々太った新玉。柔らかい砂地のお蔭だろう。いとも簡単に抜き取り作業ははかどる▼茎と根をハサミで切り、ネットの隙間を埋めるように詰め込む。なるべく球状のものをうまく入れるのがコツの様で、「まだ入るよ」の女性陣の叱咤激励を受けながら懸命の作業。短時間とはいえさすがに汗が滴り落ちたが、時折吹く潮風が涼を運んでくれた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る