花の心を知る

 たっぷりと水の入った丸い器と四角い剣山が用意された部屋で「植物の汁がつくのでエプロンをして」と参加者4人を気遣ったのは生け花の古流松應会(こりゅうしょうおうかい)の教授安藤育美さん。5月下旬、菊間コミュニティ・保健福祉センターにて『花の心いけばな』(全6回)がスタートした。
 初回に初夏の花材を使い習ったのは「生け花の基本中の基本」である盛花の第一花型。はじめに中心の『真』となる長いコバノズイナのひと枝を選ぶ。茎は斜めに切り、剣山の奥の方にまっすぐ刺してから少し傾けて固定する。真に対峙するように7割の長さにした『副(そえ)』の枝を左手に、5割の長さにした『受(うけ)』の枝を右手に、3本が三角形になるように配置する。
 次にあしらいとなるスカシユリとナデシコの一種ソネットセーラは重ならないように小さな三角を意識して位置を決める。安藤さんは「奥行きに気を付けて」、「ここを切ってすっきりと」など一人ひとりに丁寧なアドバイス。「茎が細く立たない」と戸惑う参加者には余ったユリの太い茎に細いナデシコの根元を刺し補強してみせた。
 花はまだつぼみ。「全部咲くときれいだと思う人も、賑やかすぎると思う人もいる。そのつど形を整え変化を楽しんで」とのこと。 「野山や庭の草木が生けてと語りかけてくることもある。花の心に気付く優しさを持ってほしい」と安藤さん。初めて華道を習ったという参加者は「家でコップに挿すときも型を応用できる」と嬉しそうに完成品を眺めていた。最終回までには季節が移り、夏の花も扱う。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る