あなたの主治医はあなた自身

 市原市民の健康づくり計画『改訂健康いちはら21』の共通課題は『糖尿病予防』。推進事業のひとつとして『ヘモグロビンA1c(エーワンシー)を知ろう!~糖尿病を予防して健康長寿~』が同市保健センターで5月末に2日かけて開かれた。初日は、同計画から生まれた『ここから劇団梨組』による寸劇のあと、市内でクリニックを営む大岡光医師(46)の講演があった。
 血液中のブドウ糖濃度が正常より高くなり、その状態が続くのが糖尿病。初期の自覚症状はあまりないが、長期間放置すると失明に至る網膜症、透析が必要になる腎症、感覚異常がおこる神経障害、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす。しかし、「食事、運動、薬物療法により血糖値をコントロールすれば発症リスクは減らせる」と大岡医師は話す。健康診断などの検査項目ヘモグロビンA1cとは過去1~2カ月間の平均血糖値。「6.5%以上だと糖尿病が強く疑われるが、数値が低くても空腹時や食後の血糖値を調べると、糖尿病と診断される人がいる」とのこと。
 日本人の4人に1人が糖尿病かその予備群。大岡医師は「予防するために正しい知識を持ち、生活習慣を改善してほしい」と呼びかけた。2日目の講義は『糖尿病と運動、食事、歯周病予防について』。12月にも同内容で開講予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る