あなたの主治医はあなた自身

 市原市民の健康づくり計画『改訂健康いちはら21』の共通課題は『糖尿病予防』。推進事業のひとつとして『ヘモグロビンA1c(エーワンシー)を知ろう!~糖尿病を予防して健康長寿~』が同市保健センターで5月末に2日かけて開かれた。初日は、同計画から生まれた『ここから劇団梨組』による寸劇のあと、市内でクリニックを営む大岡光医師(46)の講演があった。
 血液中のブドウ糖濃度が正常より高くなり、その状態が続くのが糖尿病。初期の自覚症状はあまりないが、長期間放置すると失明に至る網膜症、透析が必要になる腎症、感覚異常がおこる神経障害、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす。しかし、「食事、運動、薬物療法により血糖値をコントロールすれば発症リスクは減らせる」と大岡医師は話す。健康診断などの検査項目ヘモグロビンA1cとは過去1~2カ月間の平均血糖値。「6.5%以上だと糖尿病が強く疑われるが、数値が低くても空腹時や食後の血糖値を調べると、糖尿病と診断される人がいる」とのこと。
 日本人の4人に1人が糖尿病かその予備群。大岡医師は「予防するために正しい知識を持ち、生活習慣を改善してほしい」と呼びかけた。2日目の講義は『糖尿病と運動、食事、歯周病予防について』。12月にも同内容で開講予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  2.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  3.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  4.  長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので…
  5. 『フレイル』とは健康と要介護の中間期。加齢で心身の活力が低下した虚弱状態を意味する。フレイル予防事業に取り組む市原市は3月23日、フレイル…
  6. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る