謎多き夏鳥!?ホトトギス

 ホトトギスは5月中旬頃に、南方から繁殖のため日本に渡ってくる、カッコウの仲間の夏鳥である。響き渡る声で「キョッキョ、キョキョキョキョ」と鳴く。時には、夜通し鳴くことがある。その声を「特許許可局」「てっぺんかけたか」等と、親しみを持って聞きなしされる。市原市内ほぼ全域で聞くことができ、そのあまりにも知られた鳴き声から「目に青葉、山ホトトギス、初ガツオ」と初夏の季語の代名詞になっている。また、それ以上にホトトギスの鳴き声を有名にしているのは、「鳴かぬなら…、ホトトギス」の句である。戦国武将の気性を比べる素材として扱われている。
 カッコウの仲間に共通する最大の特徴は、托卵(たくらん)行動。他の野鳥の巣に卵を産み付け、卵の世話をその野鳥にさせることである。ホトトギスは、主にウグイスに托卵する。ホトトギスがウグイスの留守中に巣の中に卵を産みつけ、ウグイスに卵を温めさせる。いち早く孵化したホトトギスのヒナは、ウグイスの卵を巣外に落とし、その後は仮親であるウグイスに餌をもらって成長、巣立っていく。ウグイスの卵はチョコレート色、ホトトギスが産む卵も同じ色。野鳥の種類により卵の色は異なるが、色を合わせて産んでいることになる。托卵とはなんとも不思議な行動である。
 この先が更に不思議である。一般の野鳥は、親鳥から餌の取り方など教えてもらう。本当の親鳥を知らないホトトギスはどのように餌がいる場所や餌の取り方を覚えるのだろうか?どのように南方に渡り、翌年また日本に戻ってくるのだろう?DNAに記されている情報だけで、それらの行動が説明できるのか?様々な仮説はあるものの解明されていない謎である。野鳥の生態は奥行が深い。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘、写真提供/掛札紘一)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る