謎多き夏鳥!?ホトトギス

 ホトトギスは5月中旬頃に、南方から繁殖のため日本に渡ってくる、カッコウの仲間の夏鳥である。響き渡る声で「キョッキョ、キョキョキョキョ」と鳴く。時には、夜通し鳴くことがある。その声を「特許許可局」「てっぺんかけたか」等と、親しみを持って聞きなしされる。市原市内ほぼ全域で聞くことができ、そのあまりにも知られた鳴き声から「目に青葉、山ホトトギス、初ガツオ」と初夏の季語の代名詞になっている。また、それ以上にホトトギスの鳴き声を有名にしているのは、「鳴かぬなら…、ホトトギス」の句である。戦国武将の気性を比べる素材として扱われている。
 カッコウの仲間に共通する最大の特徴は、托卵(たくらん)行動。他の野鳥の巣に卵を産み付け、卵の世話をその野鳥にさせることである。ホトトギスは、主にウグイスに托卵する。ホトトギスがウグイスの留守中に巣の中に卵を産みつけ、ウグイスに卵を温めさせる。いち早く孵化したホトトギスのヒナは、ウグイスの卵を巣外に落とし、その後は仮親であるウグイスに餌をもらって成長、巣立っていく。ウグイスの卵はチョコレート色、ホトトギスが産む卵も同じ色。野鳥の種類により卵の色は異なるが、色を合わせて産んでいることになる。托卵とはなんとも不思議な行動である。
 この先が更に不思議である。一般の野鳥は、親鳥から餌の取り方など教えてもらう。本当の親鳥を知らないホトトギスはどのように餌がいる場所や餌の取り方を覚えるのだろうか?どのように南方に渡り、翌年また日本に戻ってくるのだろう?DNAに記されている情報だけで、それらの行動が説明できるのか?様々な仮説はあるものの解明されていない謎である。野鳥の生態は奥行が深い。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘、写真提供/掛札紘一)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る