純銀粘土でアーティスト気分

 5月30日と6月13日の2日間にわたり、菊間コミュニティ・保健福祉センター主催事業『純銀粘土細工』教室が開かれ、7名が参加した。講師はアートクレイ倶楽部インストラクター永島里恵さん。純銀粘土は純銀の微粉末に水とバインダー(結合剤)を混ぜ練り上げて粘土状にしたもの。粘土遊び感覚で自由に形を作り、高温で焼くとバインダーが消失し、純度99.9%の純銀だけが残る。
 初日はペンダントトップ作り。粘土を先の細い涙型にしてから均一の厚さに伸ばす。レースペーパーや爪楊枝などで模様をつける。細い方を折り返し、チェーンを通す穴を作るという作業。「イニシャルを入れる」という男性やカラーストーンを埋め込む女性も優しく手を貸す永島さんに励まされ、思い思いの模様に仕上げていく。形ができたら、乾燥させヤスリで整え、800度の電気炉で焼成5分。白く焼き締まった作品を取り出すと歓声がおこった。最後にステンレスブラシで研磨し、仕上げのヘラで光沢を出すと、粘土は美しいアート作品に変身。参加者は早速ペンダントを身に着け完成を喜んだ。
「銀製品の黒ずみは重曹の粉に水を加えペースト状にしたもので磨けばきれいになる」とのこと。2日目はリングを作った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る