「手を動かしていないと落ち着かないの。一生、勉強!」

 今春、『内田未来楽校』で開催されたイベント会場で、ポーセラーツ体験が行われていた。ポーセラーツとは、白磁に様々な転写紙を貼り、電気炉で転写紙を焼き付けるアート。オリジナルの食器等が作れ、器を自分好みに「デコれる」と、若い女性にも人気が高い。
 このアートの講師をしていた星野かづ子さん(66)。自身の作品展示コーナーの隣で、にこやかに女性たちとテーブルを囲む姿が印象的だった。隣町の堀越で暮らす星野さんは、自宅敷地内の工房で制作する傍ら、「ボランティア感覚で」近所の人や、市内の中学校で子どもたちに体験指導を行ったりしている。
 市内高滝出身で独身時代は銀行に勤務し、結婚後は県の職員として学校事務の仕事に就いた。そして、ドイツ旅行で西洋磁器の頂点といわれるマイセン磁器を見、「圧倒された」星野さん。帰国し、日本ヴォーグ社のポーセラーツ教室に通い、インストラクターの資格を取得した。10年前のことだった。同時期にパッチワークも始め、今も「新しい技術を習得したい」と市内の教室に通っている。
「若い頃から、手を動かしていないと、落ち着かないの(笑)。テレビを見ている時もパッチワークをやったり何かしら手を動かしている。妊娠した時も、そろばん1級を目指し挑戦しました。今は書道に夢中です」と、朗らかに笑う。
 定年後に造った工房に飾られたタペストリーやバッグ等のパッチワーク作品。「海外の作品を参考にしたり、パッチワーク教室の先生の指導を受けながら、他の人がやらないことをやってみたい。それで、イメージ通りのものができると、とても嬉しい。やり甲斐を感じます!」いきいきとした表情をみせる。
 厚生保護女性会に入り、地区の花壇の手入れ、子どもや独居老人の見守りなどの活動に参加し、生涯大学で地域活動を学び、今は園芸科を受講しながら、畑で野菜づくりも楽しむ。「勤めていたので、なかなかご近所づきあいもできなかった。それが今、野菜作りを通して、生育状況などの話題で、地元の人たちとの会話も生まれ、地域に溶け込んできたと実感する日々です」嬉しそうに話す。これからも、「一生、勉強!」と、意欲満々な星野さんだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る