腰・膝 筋肉の痛みは動かして軽くしよう

 近年よく聞く『ロコモティブシンドローム』。転倒しやすい症候群の意で、体の動きが悪くなる=転倒しやすくなるとの考え方だ。転倒防止には、最初の原因の『体の衰え』を防ぐことを奨めている。五井公民館で7月22日に行われた講座『ほねほね元気』は、その転倒防止のためのヒントを解説。講師は市内の整形外科病院医長である伊藤崇さん。同公民館で他の講座も担当し、好評だ。今回は全3回の1回目、次回は10月の開催予定。
 まずは、日常生活での自分の姿勢と体の使い方を自覚。姿勢が悪く前屈みならば、筋力をうまく使えず足が上がらなくなり、何でもない所でつまずく。『気をつけ』の姿勢ができなければ要注意。膝が悪ければ曲げ伸ばしが上手くできないため、足を小さく横へ回すようにして引きずる歩き方になり、自然と前屈みになる。こうした人は、体を少しでも伸ばすことが大事。例えばトイレに行くときなど、うーんと背を伸ばし反らすと決めておく。歩き方は行進のイメージで、胸を張り腰を立て、太ももをあげることを目指す。負担にならない程度で、家の中で少しずつ毎日続けるのがポイントだ。「痛みのために動かさなければ、筋肉はますます固まり、痛みも増加。他の筋肉を代わりに酷使し、さらに痛む場所が増える。早く治すには痛みと上手く付き合って、少しずつ動かすこと。筋肉は、動くようになれば痛みが軽減します」と伊藤さん。参加者は「納得。慢性的な痛みで悩んでいたので、頑張って動かそうと思った」と真剣に聞いていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る