悪夢を捕まえるドリームキャッチャー

 ベッドのそばに下げておくと、クモの糸のような網が悪夢を捕まえて、夜明けに羽根が良い夢だけを眠っている人に伝えてくれるというドリームキャッチャー。起源はネイティブアメリカンのお守り。
 7月29日、茂原市総合市民センター主催サマーチャレンジ教室のひとつ『ドリームキャッチャーを作ろう』が開かれ、小学生11人が参加した。指導したのは同センター児童厚生員の仲村さんと斉藤さん。
 まずリースにヒモの端をしっかり結び、7等分間隔でリースに絡める。元の位置に戻ったら1段目の中央にヒモをかけ同じように2段目を作る。緩まないように張るのがポイント。夏休み体験ボランティアの高校生と大学生4人も手伝い、5年生の女の子たちは3段、4段と繰り返し、丁寧に網を編む一方、「編まずにできる」ので、低学年の子どもたちは悪夢をキャッチする網を好きなように作る。
 仕上げは綿を緩衝材にして接着剤で飾りつけ。両端に羽根のついた皮ひもは必須アイテム。ビーズや貝殻で「人間の顔」を描く4年生の男の子や「おしゃれだからリビングに飾る」とカラフルなリボンや羽根を楽しそうに選ぶ女の子。3年生の女の子は「鬼の夢をやっつけてもらう」と大きな貝殻を苦労して付けていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る