悪夢を捕まえるドリームキャッチャー

 ベッドのそばに下げておくと、クモの糸のような網が悪夢を捕まえて、夜明けに羽根が良い夢だけを眠っている人に伝えてくれるというドリームキャッチャー。起源はネイティブアメリカンのお守り。
 7月29日、茂原市総合市民センター主催サマーチャレンジ教室のひとつ『ドリームキャッチャーを作ろう』が開かれ、小学生11人が参加した。指導したのは同センター児童厚生員の仲村さんと斉藤さん。
 まずリースにヒモの端をしっかり結び、7等分間隔でリースに絡める。元の位置に戻ったら1段目の中央にヒモをかけ同じように2段目を作る。緩まないように張るのがポイント。夏休み体験ボランティアの高校生と大学生4人も手伝い、5年生の女の子たちは3段、4段と繰り返し、丁寧に網を編む一方、「編まずにできる」ので、低学年の子どもたちは悪夢をキャッチする網を好きなように作る。
 仕上げは綿を緩衝材にして接着剤で飾りつけ。両端に羽根のついた皮ひもは必須アイテム。ビーズや貝殻で「人間の顔」を描く4年生の男の子や「おしゃれだからリビングに飾る」とカラフルなリボンや羽根を楽しそうに選ぶ女の子。3年生の女の子は「鬼の夢をやっつけてもらう」と大きな貝殻を苦労して付けていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る