新作『市津音頭』を踊ろう

 毎年、よさこいソーラン、ハワイアン、歌謡ショー、花火大会など盛りだくさんのプログラムのある市津市民祭り(市津商店会祭り)に向け、市津公民館主催事業『みんなで盆踊り』が開かれた。同館講座担当者によると「地域の子ども会や婦人会などが減り、盆踊りの練習会が開きにくくなっているため、今年はじめて企画した」とのこと。
 8月18日午後5時、体育館に集まったのは地域住民約30人。指導した柳流一扇会家元の伊藤一江さん(85)は市原おどりなど市内の盆踊りを数多く振り付けしてきた。市津商工会が中心となり、今年新たに作られた市津音頭は「子どもからお年寄りまで踊りながら覚えられるように動きを考えた」という。作詞作曲はシンガーソングライター榎戸若子さん、歌は市内金剛地出身の演歌歌手杉田淳さんである。
 CDから流れる音楽に合わせ「打ち上げ花火のように手を挙げて」、「円の外側にいる人にいらっしゃい、内側を向いてこんにちはとおじぎする」と教える伊藤さん。踊りの輪の中から張りのある声を響かせた。浴衣を着た3歳児が身振りを真似ると、あどけない仕草に周囲の大人たちは自然に笑顔になる。日が落ちたとはいえ館内は熱気が残ったまま。参加者は汗を拭きながら動き続けた。
 休憩をはさんで習ったのは1円玉の旅がらす、きよしのズンドコ節など数曲。伊藤さんが「うまく踊れなくても、みんなで集まり楽しく過ごせば元気になれる。また市津市民祭りで会いましょう」と語りかけ終了した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る