お母さんも子どもも 幸せ子育て術

 国分寺公民館の一室に、カラフルなマットが敷かれた。赤ちゃんや小さなお子さんと一緒に、お母さんたちが座る。8月19日に行われた「子どもの人権講座・幸せ子育て術」。子育てサポーターと民生委員の6名が、布のブロックや磁石の魚釣りなど、子どもたちの遊び相手をし、お母さんたちが気軽に受講できる形にした。
 講師の青山美千子さんは、おゆみ野のコミュニティカフェで、知的・発達・精神障害を持つ人たちの支援活動をしている上級カウンセラー。「子どもたちは幸せに生きる権利があり、大人たちはその人生のシナリオ作りのサポートが役目」と子どもの人権と親の役割を最初に確認。続いて自身の子育て体験を織り交ぜながら、「抱っこ、おんぶで触れ合うことで、子どもの中に安心・安定感が生まれる。そうすることで社会に出た時に、適応する力を作ります」とスキンシップの大切さを強調。そして「子どもが感じ、気づいたことを一緒に受け止めてあげます。顔を見て、そうね、とうなずくだけでも違うので、子どもの気持ちを簡単に片付けず、スルーしないこと」と説明した。
 後半は「お母さんも自分を大事にしよう」というメッセージ。ペアになって2分ずつ、お互いの話を聞く演習も行った。青山さんは「お母さんも自分の気持ちを大事に。頑張っている自分を褒めてあげて。お母さんが幸せだと子どもも幸せということを忘れないで」と語った。参加者は「今日から子どもと自分の気持ちを受け取める、というのをやってみたい」と子どもをあやしながら話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る