お母さんも子どもも 幸せ子育て術

 国分寺公民館の一室に、カラフルなマットが敷かれた。赤ちゃんや小さなお子さんと一緒に、お母さんたちが座る。8月19日に行われた「子どもの人権講座・幸せ子育て術」。子育てサポーターと民生委員の6名が、布のブロックや磁石の魚釣りなど、子どもたちの遊び相手をし、お母さんたちが気軽に受講できる形にした。
 講師の青山美千子さんは、おゆみ野のコミュニティカフェで、知的・発達・精神障害を持つ人たちの支援活動をしている上級カウンセラー。「子どもたちは幸せに生きる権利があり、大人たちはその人生のシナリオ作りのサポートが役目」と子どもの人権と親の役割を最初に確認。続いて自身の子育て体験を織り交ぜながら、「抱っこ、おんぶで触れ合うことで、子どもの中に安心・安定感が生まれる。そうすることで社会に出た時に、適応する力を作ります」とスキンシップの大切さを強調。そして「子どもが感じ、気づいたことを一緒に受け止めてあげます。顔を見て、そうね、とうなずくだけでも違うので、子どもの気持ちを簡単に片付けず、スルーしないこと」と説明した。
 後半は「お母さんも自分を大事にしよう」というメッセージ。ペアになって2分ずつ、お互いの話を聞く演習も行った。青山さんは「お母さんも自分の気持ちを大事に。頑張っている自分を褒めてあげて。お母さんが幸せだと子どもも幸せということを忘れないで」と語った。参加者は「今日から子どもと自分の気持ちを受け取める、というのをやってみたい」と子どもをあやしながら話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る