市原産の美味しいものを贈ろう

いちはら国府カタログギフト

 老舗や人気店の銘菓、原料からこだわった加工品や農産物に、モダンなデザインの包装など。どれも作り手の熱意が伝わる、市原産の美味しいものを集めたカタログギフトが発売中だ。市内の美しい風景、観光スポット、行事などもアルバム的に掲載され、市原の魅力がつまった1冊となっている。2000冊の限定販売で、価格は3240円(税込)。各商品は販売価格よりプレミアがついたものが購入でき、しかも送料無料と、かなりお得だ。
 発行した市原商工会議所は、地場産業の育成と活性化のため、数年前から地域ブランド力の底上げに取り組んでいる。今回のカタログギフトもその事業のひとつで、広く市原産の商品をPRしようと、市内初の試みとして企画された。担当の道山さんは、「市原は天平時代に国府が置かれた場所。万葉集の防人の歌にも詠まれ、更級日記では冒頭の舞台にもなっています。多くの文化遺産も残され、当時はとても豊かな地域であったでしょう。この歴史的背景を軸に、『雅な』市原ブランドのイメージを『いちはら国府ブランド』として、22品厳選しました」と話す。
 販売場所は道の駅あずの里、市原マリンホテル、宝生堂、松月堂本店、市原商工会議所ほか。カタログを送って贈りものに、また自宅用にもできる。好きな商品を1点選んで申込書をポストに投函するだけ。商品の注文期限は平成28年1月31日(消印有効)、期日があるので早めの購入がオススメ。詳しくは商工会議所のHPか、明日の朝刊に折り込まれるチラシでチェック!

問合せ 市原商工会議所
TEL 0436・22・4305

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る