祝!設立20周年 地域に根ざした『まちづくりのシンボル』に感謝!

 昨年11月1日から6日にかけて、JR五井駅に隣接するサンプラザ市原で設立20周年感謝祭が開催された。同館は、市民の健康や文化の向上を目指し、市民と地域の発展を目的に市原市が設置した公共複合ビル。映画を見に行った、サークルで利用したなど足を運んだことのある人も多いことだろう。
「市原市の玄関口である都市交流拠点のランドマークタワーとしてスタートし、平成25年には五井支所や消費者生活センター、生涯学習センターなどの行政機関が開設されました。フィットネスジムや温水プールなど娯楽以外にも多様な利用者が来館されています」と館長の高橋佐智子さんは話す。
 感謝祭イベントの目玉としては4項目。1日開催の『オカリナ教室』では、講師の椎津亜紀さん指導のもと、7名があっという間に音階を習得。指でいくつもの穴をふさぎながら、「吹く角度は、どれくらいがいいんですか」と積極的に質問。1時間の教室で、『たこたこあがれ』と『一番星見つけた』を吹けるようになった。「オカリナは音域が狭いので指づかいさえ覚えれば、色んな楽曲ができます。リコーダーより簡単ですよ」と椎津さんもオススメ。同館では、来年度から定期的な『オカリナ教室』を予定している。
 そして、2階ロビーホールに設置されたプラザギャラリーでは、小湊鉄道フォトコンテスト入賞作品展示会『沿線の四季と情景』が開催。5日まで設置されたパネルに写真は全48点。四季折々、人々の生活に溶け込んだ小湊鉄道の姿がよく映し出されていた。「小湊鉄道は色も可愛いので写真によく映えますね。1両でトコトコ走るところは、なんとも風情があって大好きです」と同館スタッフ。今後、プラザギャラリーは展示スペースとして利用可能。詳細は同館まで。
 15時半からは、チャリティロックライブを開催。1階アイスペースでは入場無料で生演奏が聴けた。出演は『ヤマト』と『ヘレル』。曲中、観客席を歌いながら歩き回るパフォーマンスがあるロックライブ。「私達が楽しいと、見ている人も楽しんでくれますよ。バンドをやりたい人はたくさんいると思います。バンドになっていると1人で入りづらいかもしれませんが、いくらでも手伝います!五井発信で音楽を盛り上げましょう」とヤマトのメンバー。
 12階レストランは『壱はら亭』としてリニューアルオープン!感謝祭期間中は、限定メニューのトルコライスが提供された。ランチやデザートを、市原の景色を眺めながら食してみては。 「今後も、サンプラザ市原は人々が集い、賑わい溢れる施設でありたいです。さらに地域と連携し、まちづくりの拠点となれるよう願っています」と高橋さんは語った。

問合せ サンプラザ市原
TEL 0436・24・1151

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る