祝!設立20周年 地域に根ざした『まちづくりのシンボル』に感謝!

 昨年11月1日から6日にかけて、JR五井駅に隣接するサンプラザ市原で設立20周年感謝祭が開催された。同館は、市民の健康や文化の向上を目指し、市民と地域の発展を目的に市原市が設置した公共複合ビル。映画を見に行った、サークルで利用したなど足を運んだことのある人も多いことだろう。
「市原市の玄関口である都市交流拠点のランドマークタワーとしてスタートし、平成25年には五井支所や消費者生活センター、生涯学習センターなどの行政機関が開設されました。フィットネスジムや温水プールなど娯楽以外にも多様な利用者が来館されています」と館長の高橋佐智子さんは話す。
 感謝祭イベントの目玉としては4項目。1日開催の『オカリナ教室』では、講師の椎津亜紀さん指導のもと、7名があっという間に音階を習得。指でいくつもの穴をふさぎながら、「吹く角度は、どれくらいがいいんですか」と積極的に質問。1時間の教室で、『たこたこあがれ』と『一番星見つけた』を吹けるようになった。「オカリナは音域が狭いので指づかいさえ覚えれば、色んな楽曲ができます。リコーダーより簡単ですよ」と椎津さんもオススメ。同館では、来年度から定期的な『オカリナ教室』を予定している。
 そして、2階ロビーホールに設置されたプラザギャラリーでは、小湊鉄道フォトコンテスト入賞作品展示会『沿線の四季と情景』が開催。5日まで設置されたパネルに写真は全48点。四季折々、人々の生活に溶け込んだ小湊鉄道の姿がよく映し出されていた。「小湊鉄道は色も可愛いので写真によく映えますね。1両でトコトコ走るところは、なんとも風情があって大好きです」と同館スタッフ。今後、プラザギャラリーは展示スペースとして利用可能。詳細は同館まで。
 15時半からは、チャリティロックライブを開催。1階アイスペースでは入場無料で生演奏が聴けた。出演は『ヤマト』と『ヘレル』。曲中、観客席を歌いながら歩き回るパフォーマンスがあるロックライブ。「私達が楽しいと、見ている人も楽しんでくれますよ。バンドをやりたい人はたくさんいると思います。バンドになっていると1人で入りづらいかもしれませんが、いくらでも手伝います!五井発信で音楽を盛り上げましょう」とヤマトのメンバー。
 12階レストランは『壱はら亭』としてリニューアルオープン!感謝祭期間中は、限定メニューのトルコライスが提供された。ランチやデザートを、市原の景色を眺めながら食してみては。 「今後も、サンプラザ市原は人々が集い、賑わい溢れる施設でありたいです。さらに地域と連携し、まちづくりの拠点となれるよう願っています」と高橋さんは語った。

問合せ サンプラザ市原
TEL 0436・24・1151

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る