どんな音が出るのかな?

 市原市では、家庭教育の普及を目的とした『家庭教育学級』を教育現場に取り入れている。27年度の開設校に選ばれた石塚小学校は、その一環として昨秋、小3の児童57名とその保護者を対象に『親子理科教室』を行った。講師は、市の「まちのせんせい」に登録されている『蔵前理科教室ふしぎ不思議(通称くらりか)』の堀添智(さとし)さん他7名。東京工業大学の卒業生で構成されているボランティア団体だ。
 テーマは「笛と音」。身の回りにある材料で様々な笛を作り、音が生まれ伝わるしくみを学んだ。最初に作ったのは、紙コップとストローで作る『ストローンボーン』。穴を開けた紙コップに太いストローをさし、さらに細いストローを重ね合わせる。吹き口を斜めに切り、リードを取り付ければ完成。早速鳴らしてみると「ブーッ」と面白い音がする。瞬く間に笑いが起こり「僕も、私も」と次々に吹き鳴らす。吹き口から空気が送られリードが振動、空気の波が音となって耳に伝わるので力強く吹くことが大事。細いストローを押したり引いたりすることで、音の変化も楽しめる。
 その他、「ピー」と高い音が出る、牛乳パックを丸めて作った『紙ホイッスル』や声を出すと回る『ドレミファプロペラ』を作成。音の教材としてお馴染みの『糸電話』も体験。紙コップを耳や口にあて、4人以上で交差させた糸をピンと張り、1人ずつ順番に話す。「聞こえるー?」、「ぼくの番だよー」と子どもたちは大はしゃぎ。
 「子どもは本来、ものを作ることや触ること、音の出るものが大好き。不思議だなと思う気持ちを大切にし、自分で色々と試してみてほしい。今日は楽しんでもらえたようなので、成功ですね」と堀添さんは微笑んだ。

問合せ くらりか千葉 小山内さん
TEL 043・251・2201

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る