どんな音が出るのかな?

 市原市では、家庭教育の普及を目的とした『家庭教育学級』を教育現場に取り入れている。27年度の開設校に選ばれた石塚小学校は、その一環として昨秋、小3の児童57名とその保護者を対象に『親子理科教室』を行った。講師は、市の「まちのせんせい」に登録されている『蔵前理科教室ふしぎ不思議(通称くらりか)』の堀添智(さとし)さん他7名。東京工業大学の卒業生で構成されているボランティア団体だ。
 テーマは「笛と音」。身の回りにある材料で様々な笛を作り、音が生まれ伝わるしくみを学んだ。最初に作ったのは、紙コップとストローで作る『ストローンボーン』。穴を開けた紙コップに太いストローをさし、さらに細いストローを重ね合わせる。吹き口を斜めに切り、リードを取り付ければ完成。早速鳴らしてみると「ブーッ」と面白い音がする。瞬く間に笑いが起こり「僕も、私も」と次々に吹き鳴らす。吹き口から空気が送られリードが振動、空気の波が音となって耳に伝わるので力強く吹くことが大事。細いストローを押したり引いたりすることで、音の変化も楽しめる。
 その他、「ピー」と高い音が出る、牛乳パックを丸めて作った『紙ホイッスル』や声を出すと回る『ドレミファプロペラ』を作成。音の教材としてお馴染みの『糸電話』も体験。紙コップを耳や口にあて、4人以上で交差させた糸をピンと張り、1人ずつ順番に話す。「聞こえるー?」、「ぼくの番だよー」と子どもたちは大はしゃぎ。
 「子どもは本来、ものを作ることや触ること、音の出るものが大好き。不思議だなと思う気持ちを大切にし、自分で色々と試してみてほしい。今日は楽しんでもらえたようなので、成功ですね」と堀添さんは微笑んだ。

問合せ くらりか千葉 小山内さん
TEL 043・251・2201

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る