舞台から夢を発信

 セリフがなく音楽と顔の表情、体の動きだけで物語や感情を豊かに表現するクラシックバレエ。体の軸をしっかりと保ち、手の指先からつま先にまで意識を投じる繊細な動きは見る人を魅了する。昨年12月、市原市市民会館で市原市文化祭の一環である『第22回バレエ合同公演』が開かれ、市内バレエ教室5団体が日頃の練習の成果を発表した。
 前半はそれぞれの教室発表。黒の衣装にカラフルな髪飾りをつけたダンサーたちが、リズミカルなクラシックメドレーに合わせてくるくるとテンポよく踊る演目で幕が明けた。白いドレスで舞う華麗なワルツのあとは『森田優子バレエスタジオ』による『チェロス』。クラシックな雰囲気から一転、前衛的なチェロの音楽に合わせて黒の衣装でダイナミックに踊る。ダンサー1人ひとりの技量やスタイルを際立たせるために、敢えてシンプルな黒を選んだという。そして、スペインの海辺の街での活気あふれる雰囲気を描いた『ドン・キホーテ』など各3団体による華やかな恋物語3作品が続き、拍手とともに客席からは「素敵ね」との声が。
 後半は合同作品発表。市原クラシックバレエ協会代表、森田優子さんが「現実の世界からひととき離れ、舞台を見て明るい気持ちになってもらえたら」との思いで決めたテーマ『夢-ドリーム』。教室ごとに、基礎を大切にしながらも独創性を生かした多彩な夢を披露した。
 「舞台に立つ場数を増やすことで、ダンサーたちに夢を持たせてあげたい」そう話す『パルバレエスタジオ』指導者の浅野真奈美さん。作品では若いダンサーたちの抱える夢をポップに表現した。オレンジ色のドレス、怪しげな動きで『泉バレエ塾』が描いた『奇妙な夢』は不気味な、それでいて心地よく感じる不思議な魅力で観客を惹きつけた。『アートスタジオウイズ』は遊び心をとり入れた『アリスの夢』でおとぎ話の世界へと誘い、『スワンの会』は70年代を彷彿とさせるダンスとファッション、コミカルで楽しい雰囲気の『夢喰い花』で会場を沸かせた。
 「力を出し切ることができた」と満足そうに微笑むダンサーたち。小学生から大人まで、1人ひとりが自らの役割を全うし、気持ちをひとつにして作り上げる舞台。「ステージに立つことが楽しい。ワクワクする」、「いつもと違う自分になれるのが嬉しい」それぞれの夢と思いを乗せた舞台は、ダンサーたちが観客に向かって投げるキャンディープレゼントと大きな拍手で盛大に幕を閉じた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る