インドネシアのドラゴンにびっくり

 市原市立海上小学校は外国語と図工、体験学習に力を入れる小規模学級特認校。市内全域から通学する子どもたちは入学当初から英語を習い、外国文化に接する機会も多い。2月17日、インドネシア出身のアニサ・ザキアさん(22)の国際理解の授業を受けたのは3、4年生23名。授業はザキアさんが1月末から2カ月間研修生として在籍している市原中央高校の協力で実現した。
 地図や写真を使って、母国を紹介するザキアさん。「赤は勇気、白は清い心」とインドネシア国旗を見せると、「レッド」、「ホワイト」と子どもたちは聞き取れた英語を自然に口に出す。インドネシア語で「ありがとう」は「テリマ・カシ」、「どういたしまして」は「サマ・サマ」と習うと、耳に入った言葉をそのまま発音していた。貝殻や輪ゴムを使った現地の遊びにも子どもたちは興味津々。炒飯のようなナシゴレンを「梨入りなの」、ヒジャブ(スカーフ)について「家の中でも着けるの」と質問も次から次に出た。
 お礼の挨拶をした4年生の和田貫市君は世界最大のトカゲ、コモドドラゴンについて「ドラゴンしかいない島に驚いた」と目を輝かせていた。生クリーム入りアンパンが好きなザキアさんは「日本人は積極的で表現力が豊か」と笑顔で授業を終えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る