インドネシアのドラゴンにびっくり

 市原市立海上小学校は外国語と図工、体験学習に力を入れる小規模学級特認校。市内全域から通学する子どもたちは入学当初から英語を習い、外国文化に接する機会も多い。2月17日、インドネシア出身のアニサ・ザキアさん(22)の国際理解の授業を受けたのは3、4年生23名。授業はザキアさんが1月末から2カ月間研修生として在籍している市原中央高校の協力で実現した。
 地図や写真を使って、母国を紹介するザキアさん。「赤は勇気、白は清い心」とインドネシア国旗を見せると、「レッド」、「ホワイト」と子どもたちは聞き取れた英語を自然に口に出す。インドネシア語で「ありがとう」は「テリマ・カシ」、「どういたしまして」は「サマ・サマ」と習うと、耳に入った言葉をそのまま発音していた。貝殻や輪ゴムを使った現地の遊びにも子どもたちは興味津々。炒飯のようなナシゴレンを「梨入りなの」、ヒジャブ(スカーフ)について「家の中でも着けるの」と質問も次から次に出た。
 お礼の挨拶をした4年生の和田貫市君は世界最大のトカゲ、コモドドラゴンについて「ドラゴンしかいない島に驚いた」と目を輝かせていた。生クリーム入りアンパンが好きなザキアさんは「日本人は積極的で表現力が豊か」と笑顔で授業を終えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る