これは簡単 グリルでマフィン

 魚を焼く以外にもガスコンロのグリルを使いこなしてほしいと、3月9日、五井公民館主催講座『ぱぱっとお手軽クッキング ガスコンロの活用法とお手入れ術を学ぼう』が開かれ、男女16名が参加した。講師は同館にガスコンロを寄贈した大多喜ガス株式会社のイベントスタッフ成田絵美さんら3名。「ガスはCO2排出量が少なく環境に優しい。しかも千葉県産天然ガスを県内で消費するので千産千消」と説明しスタートした。
 使い方は簡単。ホットケーキミックスを使ったマフィンは材料を入れたカップ型を専用板に乗せ、オーブンがわりにグリルを使い5分焼くだけ。コンロでは、自動火加減機能を利用し30分で炊き込みご飯、温度調節機能で焦げない卵焼き、自動湯沸し機能で沸かした湯を注いでお吸い物を作った。点火や炎の調節法を教わった参加者は、「便利ね」、「自宅では使いこなしていない」など話しながら、手際よく調理。食後に、餃子の皮にトマトソースとチーズをのせグリルで3分焼く『ぱりぱり簡単ピザチップ』を作り、汚れたガスコンロの掃除に取り掛かった。
 掃除も簡単。「汚れは温かいうちにすぐ」がコツ。早ければ少ない洗剤で力を入れずに落ちる。グリル部品は弱アルカリ性の重曹をペースト状にしてつけ、食品包装用ラップに包んで30分ほど放置。包んだラップでこすればピカピカ。五徳は重曹を入れ煮沸する。「ガラストップは炭酸水やウーロン茶で汚れが落ちる」そうだ。参加者はウーロン茶の威力に「あら、きれい」と目を丸くしていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る