菜の花 絶景ポイントはココ

 3月29日、加茂公民館主催事業のハイキング『菜の花を訪ねて』が行われ、31名が参加した。講師はボランティア団体『市原ルネッサンス』事務局長の松本靖彦さん(72)。小湊鐵道沿線の里山整備をする地域団体とともに日々活動し、「2.2haの広さの菜の花畑の中を鉄道が走る風景はここだけ」と胸を張る。
 午前10時、養老渓谷駅に集合し、ボランティア団体『石神なの花会』が景観を守る菜の花畑へ出発。好天のなか、「金、土、日に走るトロッコ列車に花畑を通るとき蒸気を出すように言ってある」と冗談を言う松本さんを先頭に、上総大久保駅方面へ線路沿いを歩く。『歓迎 菜の花のさとへ』の看板のある場所で右に折れ、県道32号線へ。土壌浄化施設の辺りで左に折れると、石神の菜の花畑を見下ろす羽雄神社前に出る。一面満開の黄色い花に「わあ、最高」と参加者が喜ぶなか、公民館スタッフは申し訳なさそうに「午後また来ますから」と奥の山の中腹に少し見えるガードレールを目指すと告げる。
 そのまま32号線を西へ。内根跨線橋と養老川にかかる御里津大橋を渡り、芋原地区に入る。鳥居がわずかに見える熊野神社を過ぎると、地元ボランティアが自宅前で出迎え、「ここはヒガンバナもきれい。左奥のシダレザクラは4月上旬に咲く」と教えてくれた。松本さんによると「ここも撮影ポイント」だとか。さらに林道根向線を登り、キブシの花やタラの芽を発見しながら、菜の花畑全景と県乳牛育成牧場の山が見渡せるビューポイントに到着すると、参加者は「きれい」、「癒される」と絶景をしばし楽しんだ。前が急な崖となる、このポイントも実はボランティアが生い茂った草木を刈り、眺望を確保したそうだ。
 元の道を戻る途中、左手には大福山が一望できる場所もある。「秋の紅葉がきれい」と松本さんが紹介する折津町会会館で昼食。午後は折津地区の棚田へ向った。32号線を少し戻り、左折、細い道を進むと菜の花の棚田を見下ろす丘に出る。花の最盛期はこれから。4月に背景となる里山にヤマザクラも咲くという。
 14時近く、上り列車が通るとのことで、急ぎ石神の高台へ戻る。すでに多くの写真愛好家や観光客が陣取るなか、ゆっくり列車が登場すると、「来た」との歓声とともにシャッター音が響いた。その後、松本さんが「昨日の雨で、輝いている」と話す菜の花畑に下り立つ。シートを広げて座るカップルや走り回る子どもたちもいるなか、参加者は花の香りに包まれ、1日の疲れを癒すように1時間ほど散策。「のんびりできた」、「夜、幸せな気持ちで寝られる」と満足した様子で帰路に着いた。歩行距離は約10キロ。
 尚、花や紅葉のベストシーズンは松本さんのブログ『飯給里山便り2』で確認できる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る