美声の覆面レスラー!? ホオジロ

 千葉県の県鳥はホオジロである。県内に生息し、県民に最も親しまれている鳥として、1965年5月10日に選ばれたそうだ。そうなると、千葉に由来があると思いがちだが、じつは全国的に容易に観察できる野鳥だ。それにも関わらずホオジロが千葉県の鳥とされたのは、房総丘陵地帯に広がる里山で1年を通し、頻繁に観察できる身近な野鳥であるからではないかと勝手に推察している。
 大きさはスズメよりわずかに大きい17㎝ほど。喉・頬・眉斑が白く目立ち、それが名前の由来となっている。一方、過眼線・顎の線は黒く、白と黒の帯模様のように見える。正面から見ると歌舞伎の隅取りにも、覆面レスラーにも見えるユニークな顔だ。ホオジロには失礼だが思わず笑ってしまう。
 ホオジロの最大の特徴は、美しいさえずりであろう。繁殖期になると、木のてっぺん当たりにとまり「チョッピチリーチョ、チチーツク」とリズミカルに澄んだ声で野山に響き渡るようにさえずり、私たち聞く者を心地よくさせてくれる。およそ、顔からは想像できない声だ。さえずりを人の言葉に置き換える「聞きなし」も様々で、それだけ人々に親しまれていることになる。有名な聞きなしは、「一筆啓上、つかまつり候」だが、「源平ツツジ、白ツツジ」、「札幌ラーメン、味噌ラーメン」とも聞きなされる。
 メジロとともに愛がん飼養が長年許されていたが、鳥獣保護法の改正により、2008年4月1日以降、捕獲は禁止となった。それでも、里山を歩くと民家の軒下からさえずりが聞こえてくることがある。違法に捕獲されたのであろうか。それが事実ならじつに残念なことである。
 ホオジロのさえずりを聞きに野山に出かけてみよう。そして、自分なりの聞きなしを作ってみよう。ちなみに、私のオリジナルの聞きなしは「ちょっぴり執筆、達筆に」。皆さん、どうでしょうか?
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る