熱して叩いて 開け、鉄の扉!

 5月3日から8日にかけて開催された『アートいちはら2016春』。旧里見小学校で行われたワークショップ『地熱の扉』に訪れた参加者は、教室に飾られた昨年開催のアートいちはら2015秋で子ども達によって作られた作品に、まず感嘆の声を漏らした。鉄の廃材で作られた架空の動物たちのタイトルには、『かたつむらー』や『ほしザウルス』など独特なものが付けられていた。
 講師の小沢敦志さんは、「今回のワークショップでは、主に市原で集めた廃材を熱して、参加者の方に叩いてもらいます。できた作品は、来年開催のアート×ミックスで制作するオブジェの一部になる予定です」と話す。地元の人々の提供で集めたスプーンやフォーク、そして校舎解体の時に出てきた廃材などを見て、参加者は素材を選ぶ。
 鉄は1300度ほどで熱すると溶けてしまうため、炭で起した炎はその直前くらいの温度に調節。充分に熱した後、専用の手袋とゴーグルをはめた参加者の前に素材を差し出す小沢さん。3日と4日の開催2日間で訪れた人は60人以上。年齢層も小学生から年配までと幅広い。
 市原市内から訪れた親子は昨年から2度目の参加。大きめの廃材を力を込めて叩く母親は、「普段金槌を使う機会がないので振りおろす時、少し難しかったです。でも、熱い鉄を前にとても興奮しました。去年はスプーンを叩いたんですが、今もキーホルダーとして使っています」と楽しそうに話した。鉄という自然物への再生を経て、みんなが叩いた素材は今後どんな形に変化していくのか注目だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…
  6. 現在、歯科保健の分野では、高齢者においても歯の喪失が10歯以下であれば食生活に大きな支障を生じないとの研究に基づき、生涯にわたり自分の歯を…
  7. イソヒヨドリ  「ツツ ピーコ、ピィー」と高く澄んだ心地よい美声。かなり前に沖縄で、初めてこの鳴き声を聞いた時、観光案内のバスガイドさんの…
  8. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  9.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  10.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る