熱して叩いて 開け、鉄の扉!

 5月3日から8日にかけて開催された『アートいちはら2016春』。旧里見小学校で行われたワークショップ『地熱の扉』に訪れた参加者は、教室に飾られた昨年開催のアートいちはら2015秋で子ども達によって作られた作品に、まず感嘆の声を漏らした。鉄の廃材で作られた架空の動物たちのタイトルには、『かたつむらー』や『ほしザウルス』など独特なものが付けられていた。
 講師の小沢敦志さんは、「今回のワークショップでは、主に市原で集めた廃材を熱して、参加者の方に叩いてもらいます。できた作品は、来年開催のアート×ミックスで制作するオブジェの一部になる予定です」と話す。地元の人々の提供で集めたスプーンやフォーク、そして校舎解体の時に出てきた廃材などを見て、参加者は素材を選ぶ。
 鉄は1300度ほどで熱すると溶けてしまうため、炭で起した炎はその直前くらいの温度に調節。充分に熱した後、専用の手袋とゴーグルをはめた参加者の前に素材を差し出す小沢さん。3日と4日の開催2日間で訪れた人は60人以上。年齢層も小学生から年配までと幅広い。
 市原市内から訪れた親子は昨年から2度目の参加。大きめの廃材を力を込めて叩く母親は、「普段金槌を使う機会がないので振りおろす時、少し難しかったです。でも、熱い鉄を前にとても興奮しました。去年はスプーンを叩いたんですが、今もキーホルダーとして使っています」と楽しそうに話した。鉄という自然物への再生を経て、みんなが叩いた素材は今後どんな形に変化していくのか注目だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る