熱して叩いて 開け、鉄の扉!

 5月3日から8日にかけて開催された『アートいちはら2016春』。旧里見小学校で行われたワークショップ『地熱の扉』に訪れた参加者は、教室に飾られた昨年開催のアートいちはら2015秋で子ども達によって作られた作品に、まず感嘆の声を漏らした。鉄の廃材で作られた架空の動物たちのタイトルには、『かたつむらー』や『ほしザウルス』など独特なものが付けられていた。
 講師の小沢敦志さんは、「今回のワークショップでは、主に市原で集めた廃材を熱して、参加者の方に叩いてもらいます。できた作品は、来年開催のアート×ミックスで制作するオブジェの一部になる予定です」と話す。地元の人々の提供で集めたスプーンやフォーク、そして校舎解体の時に出てきた廃材などを見て、参加者は素材を選ぶ。
 鉄は1300度ほどで熱すると溶けてしまうため、炭で起した炎はその直前くらいの温度に調節。充分に熱した後、専用の手袋とゴーグルをはめた参加者の前に素材を差し出す小沢さん。3日と4日の開催2日間で訪れた人は60人以上。年齢層も小学生から年配までと幅広い。
 市原市内から訪れた親子は昨年から2度目の参加。大きめの廃材を力を込めて叩く母親は、「普段金槌を使う機会がないので振りおろす時、少し難しかったです。でも、熱い鉄を前にとても興奮しました。去年はスプーンを叩いたんですが、今もキーホルダーとして使っています」と楽しそうに話した。鉄という自然物への再生を経て、みんなが叩いた素材は今後どんな形に変化していくのか注目だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…
  2.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  3.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  4.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  5.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  6.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  7. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  8. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  9.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る