資料展『小湊鐵道物語』開催

6月1日(水)から30日(木)まで((月)~(金)、9~17時)市原鶴舞郵便局で資料展『小湊鐵道物語』が開催される。鶴舞在住の大岩裕幸さんが30年以上かけて蒐集した小湊鐵道の歴史を物語る資料を展示する。
主な展示資料は、昭和29年に上総山田駅と改称し、大正14年に養老川駅として開業した写真と切符、大岩さんが特にオススメという大正15年・昭和初期の時刻表、大正6年に開催された第1回小湊鐵道総会資料、昭和40年代当時の養老渓谷の釣り・ハイキング案内、昭和29年・32年の鶴舞町からお茶の水までの定期券等々。
他にも、記念乗車券や小湊鐵道関係著書など様々な資料が並び、鉄道ファンだけなく、地元住民の関心もひきそうなものばかり。これまでにも郷土にゆかりのある人物や、時の流れの中で埋もれがちな人物や事柄を掘り起こし紹介してきた大岩さんは「市原市の宝ともいえる小湊鐵道の歴史を皆さんに知っていただくと共に、小湊鐵道の貴重な資料を保存・管理し長く後世に伝えたいと開催します。普段、目にすることのできないものも数多く展示しますので、是非、この機会にご覧ください。そして、ひとりでも多くの人が小湊鐵道に乗る機会を得て楽しい思い出づくりをしてほしい。この展示をきっかけに小湊鐵道に興味を持ってもらうことで、私なりに同鐵道に貢献したい」と語る。
シニア世代には懐かしく、若い世代や子どもにはレトロを感じる資料展。足を運んでみては。

問合せ 市原鶴舞郵便局
TEL 0436・88・2001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る