資料展『小湊鐵道物語』開催

6月1日(水)から30日(木)まで((月)~(金)、9~17時)市原鶴舞郵便局で資料展『小湊鐵道物語』が開催される。鶴舞在住の大岩裕幸さんが30年以上かけて蒐集した小湊鐵道の歴史を物語る資料を展示する。
主な展示資料は、昭和29年に上総山田駅と改称し、大正14年に養老川駅として開業した写真と切符、大岩さんが特にオススメという大正15年・昭和初期の時刻表、大正6年に開催された第1回小湊鐵道総会資料、昭和40年代当時の養老渓谷の釣り・ハイキング案内、昭和29年・32年の鶴舞町からお茶の水までの定期券等々。
他にも、記念乗車券や小湊鐵道関係著書など様々な資料が並び、鉄道ファンだけなく、地元住民の関心もひきそうなものばかり。これまでにも郷土にゆかりのある人物や、時の流れの中で埋もれがちな人物や事柄を掘り起こし紹介してきた大岩さんは「市原市の宝ともいえる小湊鐵道の歴史を皆さんに知っていただくと共に、小湊鐵道の貴重な資料を保存・管理し長く後世に伝えたいと開催します。普段、目にすることのできないものも数多く展示しますので、是非、この機会にご覧ください。そして、ひとりでも多くの人が小湊鐵道に乗る機会を得て楽しい思い出づくりをしてほしい。この展示をきっかけに小湊鐵道に興味を持ってもらうことで、私なりに同鐵道に貢献したい」と語る。
シニア世代には懐かしく、若い世代や子どもにはレトロを感じる資料展。足を運んでみては。

問合せ 市原鶴舞郵便局
TEL 0436・88・2001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る