30年の思いを観客とともに

 リコーダー、鍵盤ハーモニカにアコーディオンといったリード楽器、これらにフルートとパーカッション、鉄琴と木琴、ピアノが加わった『フラワー合奏団』の『30周年ありがとうコンサート』が5月15日、市原市市民会館小ホールで開かれた。身近な楽器に馴染みのある曲、ユーモラスな司会に笑顔の素敵な指揮者、そして何よりも心のこもった演奏。ステージと客席の距離を感じさせない親しみやすいコンサートで、ほぼ満員の客席からは多くの温かい拍手が寄せられた。
 オープニングは、同合奏団より20年長く続いているテレビ番組『笑点』のテーマ曲でコミカルに始まった。「さらに20年続くようにとの思いを込めて」と司会を務めた、ピアニストの川手義啓(よしひろ)さん。そのほか有名な日本の民謡やクラシック、昔懐かしいアニメの主題歌『ヤッターマンの歌』、ディズニー音楽など様々な曲を披露。軽快なアレンジの楽曲が多く、動物が登場する童謡のメドレーでは心が弾んだ。『少年時代』ほか観客が一緒に歌う曲も用意されており、演奏者と聴き手が一体となってコンサートを楽しんだ。
 合奏団創始者で指揮者の大星ちどりさんによるソプラノ独唱、川手さんによるピアノ演奏もまた観客を魅了した。
 演奏会終了後、「感無量です」と話したのは初代リーダーの女性。五井幼稚園の元教諭だった大星さんと当時の母親たちで、手にとりやすいリード楽器を主とした合奏団を発足した。団員の減少により苦労したこともあったが、現在は40代~70代の24人で仲良く活動している。「年代の違う仲間が同じ目標に向かって気持ちを合わせていく。とても感慨深いです」と団長の斉藤浩子さん。
 一番の特徴は、曲ごとに担当楽器が替わる楽器ローテーション。「様々な楽器を体験してほしい」との大星さんの意向でスタートしたもので、このルールは団員からも大好評だ。「聴きに来てくれた人が、これなら私にもできそう!と思えるような楽団でありたい」団員の思いだ。
 老人施設などへの慰問のほか2年に1度、コンサートを開いている。今後は9月の三和コミュニティ祭、10月の五井公民館文化祭に出場予定。大星さんが「団員ひとり1人の熱意が素晴らしい」とほめたたえる『フラワー合奏団』はこれからも輝き続ける。ぜひ演奏会に足を運んでみて。
 団員募集中。練習は五井公民館で第1・3金 9~13時、第2・4金 12~16時。

問合せ 斉藤さん
TEL 0436・21・3667

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…
  2. 2020年3月23日(月)~4月中旬 茂原公園及び豊田川、一宮川沿い  茂原の中心街全体が桜色に彩られる「茂原桜まつり」が、今年も3月2…
  3.  先日、出かけた近くの山中で、枯れ木の枝にキノコがびっしりと発生していました。こんな寒い時期に出るキノコってなんだろう。もしかしてこれって野…
  4.  現代美術を展示する、築150年の古民家ギャラリー「夏庭」。かつての農家を一部改築し、長柄の広がる田園風景のなか、質の高い芸術作品をゆったり…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…

ピックアップ記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る